一風変わった写真ブログを目指します。
全く関係ない話と、申し訳程度の写真を載っけるブログです。

    季節:梅・さくら

    私(葱)の買った物と欲しい物! →全て見る
    スポンサード リンク


    梅の花だけでも色々なバリエーションがあるぞ!


    浅葱くんと映画館に行きましたよ。浅葱くん初映画。
    ハーバーランドの新しい映画館なんですけどね、私も10年近くスクリーンで映画見たような記憶が無いので新鮮でしたね。

    まずネット予約ですよね。座席指定なんかも簡単ですし、あとは番号持って自販機でチケット受け取れば終わりでしたからね。

    座席は前の席と割と高低差が付いていて、そして背もたれも頭がしっかり隠れるくらいに長いので、「前の人の頭邪魔だな」とか「前の人、頭よく動くな」なんて事も無かったです。あれならアフロでも大丈夫そうでしたね。

    スポンサード リンク

    梅の花を面白く撮影してみよう!


    アウディをシェアリングで借りて、出発前に車内で奮闘しました。

    ナビがタッチパネルじゃないことも確認しました。
    行き先の指定するのに手間取りましたが、こっちも時代の最先端を行く現役SEですからね。「機械は友達」と念仏のように唱えながらクリアしましたよ。

    給油口も確認しました。
    給油口を開ける時は指で押して開けるタイプです。そして給油口には「ハイオクを入れなきゃいかん」と書いてある事も確認しました。

    全ての確認が終了し、いざ出発ですよ。やっと出発です。
    立体駐車場のゲートを出て、いざ曲がろうとしたその時ですよ!

    砧公園の梅から始まった写真生活。


    アウディの話なんですけどね。乗った瞬間、よく分からないスイッチが満載なんですよ。ナイトライダーかってくらいのボタンとツマミがありましてね。

    新しい車に乗ると、まず座席調整するじゃないですか。ここはできましたよ。
    でもミラー操作が分からないんですよ。バックミラーを触ってみたんですけど、重厚でしてね。「あ、こりゃ手で動かしちゃいけないんだな」って思うくらい動かないんですよ。

    「ヨーロッパ仕様は電動なんだ」って思っちゃって、説明書と格闘してみたんですけど、サイドミラーについては書いてあったもののバックミラーは書いてないんですよね。

    仕方ないので「壊れても知らないぞ」って思いながら「フンッ!」って動かしたら動きましたね。
    「さすがにヨーロッパでもバックミラーは電動じゃない。」これを最初に勉強しました。

    名古屋城公園で梅の花を撮るぞ!


    ついにアウディに乗りましたよ。浅葱くんの車好きに乗じて、買う気ゼロなのにオフィシャルディーラーの店にまで入ってパンフ貰ってきた、あのAudiに乗りましたよ。

    毎度乗ってるシェアリングの車に「Audi A1」がありましてね、実家に行く用事が出来たので、早速借りてみたんですよ。

    こっちは初めて外国車運転するわけですからね。もう乗る前から緊張してるわけですよ。
    車は三宮駅近くの立体駐車場にあるんですけど、その道中でも「ナイトライダーみたいにボタンがいっぱいだったらどうしよう」とか「ガソリンが満タンになってますように!」とか色々な事を考えながら駐車場に行ったんですよ。

    そしていざ駐車場に到着したらですよ。

    雪の砧公園を撮ってみるぞ!


    先日から「うまい棒」の話をしてますけど、この前「うまい棒」でケガしちゃいましたよ。

    うまい棒使ってスターウォーズみたいにチャンバラしたわけじゃないですよ。それでケガする方がたいしたもんだと思いますからね。

    そういう事では無く、口の中をケガしたんですよ。
    上あごって言うんですか、口の上の方の皮がズルッといっちゃいましてね。もう文字にするだけでも痛々しいでしょ。

    いやね「うまい棒」ってボロボロ落ちるじゃないですか。棒を折った時の衝撃でカスがどんどん落ちていくじゃないですか。鳩とか寄ってくるくらいになるでしょ。

    宿河原の二ヶ領用水で桜を撮るぞ!


    先日、自宅からちょっと歩いた所にある「諏訪山公園」って所に行ったんですよ。
    以前から気になってたんですけどね、山の斜面にある公園なので「しんどいだろう」的な予想はしてたんですよ。

    嫁様も浅葱くんとの散歩で行ける場所なら行ってみたいという事で、家族総出で諏訪山公園にトライしたんです。

    そしたら、まさかの登山ですよ。

    こっちはえらいカジュアルな格好で行っちゃったんですけど、すれ違う人が山岳ウェアみたいなの来て「自分ら、いつ遭難しても大丈夫ッスから」みたいな格好してるんですよね。

    「あれれー?」って思いながらも、こっちだって小学生の頃は山岳部部長ですからね。
    もはや明日の天気聞かれても「山がそこにあるからです。」って言っちゃうくらいの山好きですからね。

    馬事公苑で馬と一緒に桜を撮るぞ!


    川西市って分かります?もう兵庫県以外の方には分からないかもしれませんね。そこに仕事で行ったんですよ。

    例によって朝早くからやってる喫茶店なんかを探して行ったんですけど、川西市では「左に行けばマクド、右に行けばカフェ併設のパン屋」って所がありましてね。
    この選択肢に「うーん」と唸ってたわけですよ。

    普段の私なら断然マクドですよ。

    たまに食べたくなるあのジャンクな味、絶対体に良く無さそうな油、ポテトが揚がった時に発する、あの「ペポペ、ペポペ」という頼りない音、もう選択肢は一つなんです。

    でもいつもマクドじゃ芸が無い。

    その土地土地の良い所はパン屋に出てくるかもしれないって事で、パン屋に向かおうとした所で、足が止まりましてね。

    世田谷区の深沢近辺にある「呑川緑道」で桜を撮るぞ!


    先日浅葱くんと喫茶店で飲み物飲みながら、景色を眺めてたんですよ。
    中庭を望むテラスに座ってたんですけど、「いい景色だねぇ」なんて言いながらまったりしてたら、浅葱くん(4)が、

    「葉っぱが笑ってるね」

    と言い出しましてね。

    「なっなんだなんだ、息子は歌詞でも作ってんのか!?」

    みたいな衝撃を受けてしまいました。

    もうこの一言で私も前のめりになりましてね。「来た!天才詩人少年現る!」とか思っちゃいましてね。

    春はやっぱり千鳥ヶ淵!桜を撮ろう!


    この前、東京出張したんですけど、中央線でiPhoneイジってたらスンゴい香水の匂いがしましてね。
    この場に警報器あったら「ガスが漏れてます」とか言われちゃうレベルの刺激臭で、私も「フガッ」ってなっちゃったんですよ。
    で、パッと顔上げたら、入れ墨がはみ出しまくってる、やんちゃ風なお兄さんがいましてね。

    冷静に「やっぱ東京は怖い所だな」って思いましたよ。

    「自分もそろそろ引っこ抜いたらビーッて鳴る、あのブザー持っとかないとダメだな」って思いましたね。
    あと鈴。「人間がココにいますよー」って周囲に知らせるヤツ。あれ絶対必要ですよ。東京では。

    早朝の千鳥ヶ淵は撮影しやすいぞ!千鳥ヶ淵で桜を撮ろう!


    先日、携帯無くしちゃいましてね。週末に浅葱くんとお出かけした時だったんですけど、タクシー降りてショッピングモールのベンチに腰掛けたら「無い!」ってなっちゃいましてね。
    ちびまる子ちゃんの、あの額に出てくる縦線が本当に出ましたよ。すごい前見えにくくなりましたよ。

    齢36にして結構パニックになっちゃいましてね。
    「ヤバイ、ウソマジどーしよ!」とか慌てふためいてたら、浅葱くんが「大丈夫。大丈夫だよ。また買えばいいよ。」とか励ましてくれるんですよ。
    それでちょっと落ち着きましたね。

    で、携帯無くしたら普通その携帯に電話かけるじゃないですか。でもその携帯番号覚えてないんですよ。
    じゃ「嫁様に電話しよう」と思っても、嫁様の携帯番号も勿論覚えてない。
    それならばと「自宅の固定電話にかけよう」と思っても、これもやっぱり覚えて無いんですよ。

    私の頭のメモリは256KBくらいなので、自宅の住所くらいでいっぱいいっぱいなんですよね。

    千鳥ヶ淵の桜を撮ろう!


    そいや昨日書きました朝マックの後、元町に戻ってからまたマック行ったんですよ。昼マックですよ。

    「もうこうなったら、とことんジャンクフードにまみれてやる」

    みたいな勢いですよ。
    こういう日って年に1回くらいあるじゃないですか。それがこの日だったんですよ。
    で、行ってみたら本当にカウンターにメニュー無いんですね。以前も「メニューが無い!」って驚いた記憶がありますけど、嫌な事はすぐ忘れるタイプなので、再び驚いてしまいましたよ。

    で、店員の頭の上にある看板を凝視ですよ。

    まあいつもと変わらないメニューなんですけど、常時上を向いてて若干首が痛い。
    そのくせ「じゃアレで」と指さしでは伝わらない。
    だったら商品名を叫んで見せようと思っても、若干看板が遠い上にカタカナばかりでよく分からない。

    加古川の日岡山公園で撮る桜の花!


    女性用トイレって音姫があるのが普通だと思いますけど、男性用トイレって個室でも無い事が多いんですよ。
    でもいつだったか東京で、男性トイレに入った際、自動的に音姫が鳴るトイレがありましてね。
    「おー、これが噂に聞く音姫というヤツか。」としみじみしてたんですけど、コレ、音が短いんですよね。

    音姫の爽やかサウンドに安心して、表情も幾分緩み気味になって、草原で蝶々追いかけてるような柔らかい空間の中でブリブリしてたら、突然の沈黙ですよ。トイレの裏切りですよ。

    全面的に被告の味方だった弁護士が、法廷の場でいきなり被告を指さして「犯人はオマエだ!間違い無い!」みたいに言われるのと同じですよ。あってはならない事が起こったんですよ。

    加古川市の日岡山公園で桜を撮ってみるぞ!


    以前、「シーリングライトにLEDは無駄。だって取り替える時は本体から全部交換だから」みたいな事書きましたが、結局あの後、電器屋に行って蛍光灯のシーリングライト買おうと思ったら「取り寄せですね」とか言うんですよ。
    しかも「割引率も低くて高いですよ」とか言うんです。

    もはや脅迫ですよ。エコという名の脅迫ですよ。

    私はこの言葉にひるみましたね。シュプレヒコールを上げようとか一切思いませんでしたね。
    目の前で皓々と光るLEDシーリングライトを指さして「じゃアレ下さい」ってマイケルジャクソンみたいに言っちゃいましたからね。

    メジロ撮影もいいけど、スズメ撮影も結構面白いぞ!


    自宅近くに「ボーネルンド」って所がありまして、その中に「キドキド」っていうお子様が目一杯遊びまくれる有料のスペースがあるんですよ。

    たまに浅葱くんと行くんですけど、散々走り回った最後の方で絵本コーナーに行くのが定番なんです。
    で、そんなある日、浅葱くんに「好きなの持っておいでー」って言って持ってこさせた中の一冊に「たぬきのじどうしゃ」って絵本があったんですよ。

    おおまかなあらすじはこんな感じです。

    たぬきが自動車走らせてたら、魚が「助けて!怪獣が出た!」と飛び込んで来るのが始まりです。
    たぬきは勇敢なのか魚を信じなかったのか、怪獣のいる方に自動車走らせて行きます。
    いざ怪獣が出たら「ギャー」って驚いて、おなかをポンポン叩いたり、クラクションをブーブー鳴らしたりして、「ぽんぽんぶーぶーぽんぶーぶー、ぽんぶーぽんぶーぽんぶーぶー」という軽快なリズムで話が進むわけです。

    同じ主体で、色々なシーンを撮ってみよう!


    そいや高校生の頃だったか、漫画を書く為の道具を一式揃えた事があるんですよ。
    原稿用紙は勿論、丸ペン、Gペン、インク、スクリーントーン、トーンカッター、ヘラ等々、一式揃えたんですよ。

    とりあえず漫画でよく見る「スクリーントーン」ってのを、一体どうやって使ってるのかが知りたくて、適当に絵を描いて説明文見ながら使ってみたんですよ。

    あのトーンってのは透明のシートのシールなんですよ。で、描いた絵の上にスクリーントーンを直に乗せて、そのままラインに沿ってカッターで切るんですよ。

    なんかその手法が「ええ!?こんな感じなの!?」って強烈に思った記憶がありますね。

    だって、せっかく描いた絵にナイフ突き立てるわけですからね。力加減によっては原稿用紙が傷つきそうになるわけですよ。
    その上、一度貼った場所に修正のペンを入れたい時は、トーンを剥がさないと出来ないじゃないですか。
    スポンサード リンク
    翻訳(Translate)
    月別
    葱ブロ内検索
    カテゴリー別
    メール送信フォーム
    メールはこちらからどうぞ!
    メルアドがあれば返信します。

    たぶんお友達リンク
    ※更新サイトは上部に表示されます。

    当ブログはリンクフリーです。
    ※相互リンク切れなど適宜整理します
    最新コメント
    Amazonライブリンク




    浅葱くんの年齢
    葱ブロRSS
    携帯の方はコチラ!
    QRコード
    アクセスカウンターパンチ
    • 今日:
    • 昨日:
    • 累計: