初めての「Bar」って緊張しますよね。
神戸にあるジャズバーには何度か行ってますのでコツを掴みました。

「いつか普通のバーにも行ってみたい」

そう思ってたんですけど、先日仙台出張の時にそんな機会がありましてね。
仕事も早々に終わって午後6時くらいにホテルの部屋でボーっとしてたのですが、ホテルの最上階にバーがあるとの事で、行くか行くまいか悩んでたんですよ。

でもね、ほら「旅の恥はかき捨て」みたいな事言うじゃないですか。「可愛い子には旅をさせよ」とか言うじゃないですか。
ですからね、意を決して突入してみたんですよ。ヨネスケ並みに。しゃもじは無いのでマドラー片手に突撃しちゃいましたよ。


勿論、突入前に調べましたよ。

「バー ウイスキー 頼み方」とかね。

こうやって調べれば、初めてカウンターのお寿司屋行く時みたいに「最初は白物を頼むべし」みたいに出てくると思ったんですけどね。

でも出てくるのは

「飲みたい銘柄と年数を告げよう」

とかなんですよ。
いや「そんなの分かっとれば最初から言うっちゅーねん」って話ですよ。

ほら、居酒屋入っていきなり「じゃとりあえず久保田の萬寿!」みたいな事言う人いないでしょ?
最初はビール、次は焼酎や日本酒みたいな「流れ」ってあるじゃないですか。

「その流れを知りたいっちゅーねん」ってブツブツ思いながら、スネ夫みたいに口を尖らせて最上階に向かったんですけどね。


とりあえず薄暗い店内に入って適当に座ったら、お姉さんがメニュー持って来たので眺めてたんですよ。

まあ種類豊富ですよね。
スコッチやらバーボンやらブレンデッドやら「色々あるなぁ」とか思ってたんですけど、ちらほら知ってる名前も出てくるんですよね。

でもね、よく考えると「知っている銘柄」って自宅で飲んだ事があるものなんですよね。

「できれば知らないヤツがいいな」と思って睨めっこしてたんですけど、カタカナの名前と年代しか無くて


「こ、これは世界史の教科書みたいだ!」


って思っちゃいましたよね。


「このカタカナと年号を覚えなきゃ・・・テストで点が取れない!」


みたいな恐怖感が蘇ってきましたよね。
トラウマですよね。世界史あるあるですよね。


で、まあよく分からないので適当にチョイスしてみたら


「すみません、それは切らせてしまって・・・」


ってもうピンポイントで切らしてるの当てちゃいましてね。
ホテルのバーでメニュー見ながら言ってんのに、まさか切れてるとは思いませんでしたよね。


「なにそれ『当店これだけ揃えています』って謳っといて、切れてるの選ばれたら『ございません』って言っちゃって終わり!?なんなの!?ロシアンルーレットなの!?」


みたいに瞬時に思いましたけどね、バーに来てるオッサンがそんなささいな事で切れたりしませんよ。
俺キレさせたら大したもんですよ。


仕方ないので、もう見た事も聞いたことも無い銘柄を選んで水割りにして貰ったんですけど、まあ薄かったですね。

「美味しい水ですね。どこの水ですか?」って聞きそうになっちゃいましたよね。

普段私はウイスキーと水が 1:1 のハーフロックで飲むんですけど、最初だからと水割りにしてみたら、ちょっと控えめ過ぎましたよね。


そんな1杯目のウイスキーが終わる頃、今度は男性のバーテンダーが席まで来て「次、どうされますか」ってダンディに聞いて来ましたよね。
「おっなんか来たぞ」と身構えちゃって、私もちょっと低い声を準備して


「そうですね、『樽の香り』が強いのってありますか」


って聞いてみたんですよ。
私の頭の中にある「ウイスキー語録」の詰まったタンスを、乱暴に引き出しまくって出てきた一言がコレでしたよね。

そしたらさすがバーテンダーですよね。


「では、ちょっとお値段はしますが、こちらのアバフェルディ21年はいかがでしょう。」


って出てくるわけですよ。

私はなんか「おお!マジかよ通じたよ!バーテンダーと会話しちゃったよ!」って少し興奮しながらも、それを顔に出さず「ほほう、いいチョイスだね」って顔を作って


「じゃ、それで」


って言いましたよね。バンコランみたいに言いましたよね。
なんか「オレ、もしかしたらここの常連なんじゃね?」って思うくらいスムーズでしたよ。


そっちも同じ水割りだったんですけど、バーテンダーのチョイスなんですかね。
1杯目より確実に濃いものが出てきました。


で、そのアバフェルディ21年、凄い香りでしたよ。
飲んだ時、口の中に樽の香りがフワーっと広がりましたね。


ちょっと感動しちゃいました。


「すごく良い香りで良かったです。」って小学生みたいな感想をバーテンダーに言っちゃいましたからね。
そこで今一度「アバフェルディ」という銘柄を聞いて、すぐiPhoneにメモしましたよね。


やっぱりオッサンはバー行った方がいいですよ。
次の目標はアレですかね。

「アチラのお客様からです」ってやつですかね。
絶対やらないですけどね。
ウイスキー その魅力と知識を味わう芳醇本 (KAWADE夢文庫)ウイスキー その魅力と知識を味わう芳醇本 (KAWADE夢文庫)
河出書房新社(2015-02-17)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック