どもライブ初心者です。

行ってきましたよ。TM NETWORKのライブ。
座席はスタンド席っていう、競技場の観客席の最前列。

最前列とは言ってもステージ上からははるか彼方の2階席ですからね。

最初こそステージに誰か出てきて「うおー」って思いましたけど、遠すぎてもはや誰がいるのか分からないレベル。
細い目をして「誰やねん」って言いかけました。

あと定番なんでしょうけど、レーザーを多用する為に会場全体にスモークが出てるんですよ。
これでステージが更に見えにくくなってます。
そして私的に問題だったのが「ウルサイ」。


あのね、TM NETWORKの客層分かってますかね。
若くても30代後半ですよ。

耳を壊しにかかってますよね。
明日から難聴!みたいなノリで来られても困るんですよね。

若い頃に渋谷で行ってた小さなライブハウス思い出しちゃいましたよ。
ワンドリンク制で1,500円のヤツ。ワンドリンク拒否できないヤツ。
渋谷という土地柄、小さい会場なのにとんでもない爆音で、たまにハウリングとかしてて。倒れるかと思いましたよね。


で、TM NETWORKのメンバーは、はるか彼方で何か演奏をしているらしい動きが見えて、音だけ迫ってくる感じです。

ヴォーカルの宇都宮隆も歳ですからね。
全盛期のダンスこそ無いものの、上半身だけがクネクネ踊ってるんですけど、申し訳ないですが遠くから見ると盆踊りに見えちゃうんですよね。


で、私の座っていた席。2階席の最前列。
ここは座って見る事が出来るんですよ。

アリーナ席だと無理ですよ。全員立ちますから強制的に2時間立ちっぱなしになります。
開場前に小学校低学年くらいのお子さん連れてる方をアリーナ席で何名か見ましたけど「どうすんだあれ?」とか思っちゃいましたよね。
見えるわけ無いですからね。

そんなことより「寝る時間だろ!」って思っちゃいましたけどね。
「ドリフのある日は9時まで起きられる」とかルールあるんですかね。


そんなこんなで、私は座って見てました。
隣も空いてましたし、割とゆったりしてましたね。

でも周囲の人たちは立ちっぱなし。
たまにノリのいい曲がかかった時だけ立ち上がる人とかもいました。
私はやっぱり面倒臭いんで、終止座りっぱなし。

「なんでオレはこんなにノリが悪いんだろう」

とかずっと考えちゃってましたけど、ふと「あれ?前に何かノリノリになったライブあったぞ?」って思い出しまして。


三宮にジャズバーの「SONE」って老舗があるんですけど、私そこでノリノリだったんですよ。
東京から出張に来ていた会社の人と一緒に行ったんですけどね。
ライブで初めて1曲全部手拍子とかして感動してました。

「あれ、なんでジャズバーはノリノリでTM NETWORKはノれないんだ?」


って考えたんですけど、違いは「酒」なんじゃないかと。


ほら、もう齢38にして体は「ディナーショー」を求めちゃってるんですよね。

美川憲一とか五木ひろしとか、「年末年始はディナーショー」みたいな感じを求めてるのかもしれませんよね。
「え、それならコロッケのディナーショーでいいんじゃねーの?」って思っちゃいますけど、問題はそこじゃないんです。

ライブでダンスしたいわけじゃないんですよね。

「懐かしいよね、コレ」みたいなノスタルジックなものを求めちゃってるんで、今さら爆音で懐メロ聞かされても「ノーサンキュー」みたいになっちゃうんですよね。


やっぱね、オッサンにはオッサンの楽しみ方がある、そう実感した一日でした。

例えばもっと狭い所で宇都宮隆が「バラードばっかり歌います。お酒片手にどうぞ。」とかだったら倍くらいの金額は出しちゃいますよね。


まあ多分少数派の意見だとは思いますが、有名バンドのライブよりは、無名な人のジャズライブの方が音を楽しめるぞと。
そんな事に気づいた今日この頃であります。
オトナJAZZ 〜心地よい木漏れ日のカフェで〜オトナJAZZ 〜心地よい木漏れ日のカフェで〜
アーティスト:Moonlight Jazz Blue
Sugar Candy(2015-03-04)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック