幼稚園の帰りはお迎えに行くわけですが、そこで先生から「こういう遊びをした」だとか「プリント配ってます」だとかお話があるんです。

その日はこんな話でしたね。

「今日はお天気が良かったので皆元気にお外で遊びました。砂場でお山を作ってる所までは見てましたが、次見に行った時にはお水を入れて全身泥だらけになっている子達がいました。」

まあこういうのを聞いては

「はっはっは、まあ子供は泥遊びが好きですな。(ウチの子じゃないだろうけど)」

って思うわけですよ。

で、先生続けて

「衛生的な問題もあるので、全身汚れた子はシャワー浴びさせました。」

とか言ってるのを聞いて

「おー、市立の幼稚園なのにそんなの完備してるのか。なかなかやるじゃないか。(ウチの子は関係ないけど)」

って余裕で聞けてましたよね。
心の中で鼻ほじって聞いてましたよね。


で、サヨウナラの挨拶して駆け寄ってきた我が子を見て驚愕ですよね。


「ハッ!朝と服が違う!」

「心なしか髪の毛が濡れている!」


ってもう名探偵ぶりを発揮しちゃいましたよね。「犯人はオマエだ!」って言いかけちゃってましたよね。
早速「で、シャワー入ったの?」って聞いたら「うん!」って元気よく言ってましたよね。


で、帰ってから洗濯地獄ですよ。


つい先日の夏休み、楽しかった沖縄で買った「カクレクマノミのTシャツ」が泥の色で本当に隠れちゃってるんですよね。

「おーい、ニモどこだー」なんつってね、そのTシャツとズボンとパンツを洗濯石けんでただひたすらゴシゴシするんですけどね。結局泥のシミが残るんですよね。

そこから続けて「ガンコな汚れが落ちるスプレー」みたいなやつかけてね、洗濯機放り込んで設定も「ガンコモード」みたいなやつにして、洗剤もいつもの倍くらい入れてね、念じるような気持ちで「スタート」押しても結局落ちやしないんですよ。

浅葱くん寝てからも、その辺にあったブラシで力一杯ゴシゴシしてみたんですけどね、なんかもうシャツの生地がケバ立って来ちゃったりして


「・・・家事、ハンパネーな」


ってしみじみ思いましたよね。


これ、仮に嫁さんが生きてて「泥が落ちないのよ」なんて相談されたら「そりゃ大変だね。洗剤変えたら?」で終わってたと思いますよね。
amazonで洗剤検索して終わってましたよね。

もし浅葱くんに「もう泥遊びはしないでね」なんて言おうものなら「おいおい、泥遊びは男のロマンだ。」って言っちゃってたと思いますよね。
パワーポイントで泥遊びの素晴らしさを延々と説いてたと思いますよね。


「人の気持ちになって考えよう」なんて世間ではよく言いますけどね、やってみないと分からない事って多いですよ。


泥の洗濯、キツいモンはキツい。


ということで、私は浅葱くんに「もう泥遊びだけはやめて」って5回くらい言っておきました。
私の一存で遊び方を制限するのは良く無いのですが、私も茂木和哉じゃないですからね。洗剤の事ばっかり考えてられないですから。

申し訳無いですが、浅葱くんには「泥遊びは大人になってから」と言っておきたいと思います。
茂木和哉 水垢洗剤 200mL 鏡 ウロコ カルキ茂木和哉 水垢洗剤 200mL 鏡 ウロコ カルキ
茂木和哉
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック