淡路島行ってきたんですよ。
で、シェアリング乗りとしてはですよ、あのETCの金額が意味不明なんですよ。

「料金は1200円です」とか言って「おー、結構かかるなー」なんて思ってたら、なんかよく分からない場所を通った時に「払い戻し料金は900円です」みたいになるじゃないですか。

「おい、なんだ結局いくらなんだ」みたいになるんですよ。

そろばんで言えば「1200円也、引くことの900円也」みたいな話ですよ。
これがもの凄い間隔空けて来るんですよ。

ですので毎回結局いくらなのか分からなかったんですけど、そこは時代ですよ。
WEBでETCカードの番号入れて照会すればスパッと解決ですよ。

ETC利用照会サービスってのを発見したので、早速使ってみたんですけどね。
ETCカード番号の他に、車のナンバー入れろとか言われるんですよね。

これがベンツで「・893」とかだったら分かりやすいんですけどね、こちとらシェアリングですからね。
そっちから調べなきゃいけない。

いちいち面倒なんですけど、ナンバー入れて照会したら出てきましたよ。

とかくややこしい引き算が満載なのですが、神戸三宮付近から淡路島の植物園までは片道「1,520円」でした。

これ割引入ってないと片道で「3,090円」ですからね。
USJでも行ってた方がお得だったりしますからね。


まあそんな思いで行った淡路島の写真を何枚か。


2014-09-23-09-22-50

こちらは淡路サービスエリアにあった双眼鏡。
淡路島渡ってすぐの所にあるサービスエリアなんですけど、観覧車があるんで立ち寄るんです。



2014-09-23-09-23-09

こんな景色。
いつもは向こう側から橋を見てますので新鮮ですね。



2014-09-23-09-33-35

観覧車からの景色。
まあ海がよく見えます。
もちろん前述の明石海峡大橋もよく見えます。



2014-09-23-09-35-24

観覧車の影。
浅葱くんと「影が綺麗だねー」なんつって撮ってました。



2014-09-23-10-27-13

こちらが植物園のある淡路夢舞台という場所。
この花壇は「百段苑」っていうものなんですけど、どの季節に行ってもたいしてカラフルな花が無いのが玉に瑕です。

まあ無料で入れるゾーンなので仕方ない気はします。



2014-09-23-10-31-16

百段苑に花はありませんが、水は大量に流れてます。
別に大雨が降ったわけじゃないですよ。こういう水が流れる階段なんです。

水の音が響いててイイ空間ですよ。
涼しくなった昨今にはもってこいですね。


ということで、たまには淡路島行ってみて下さい。
ことりっぷ 淡路島・鳴門 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)ことりっぷ 淡路島・鳴門 (国内|観光・旅行ガイドブック/ガイド)
昭文社(2012-06-22)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック