拍手コメントでご質問を頂きました。

以前から悩んでいたのですが、後姿ってどこにぴんとすればよいのでしょうか?

おそらく浅葱くんの後ろ姿のiPhone写真を見てのコメントだと思います。
そして後ろ姿の人物が主体の場合、その後ろ姿のどこにピントを合わせるべきか、というご質問だと解釈しました。

人物の場合、カメラの方に顔があればピントを合わせる場所は「目」ですよね。
2つの目が「手前」と「奥」にある場合は「手前」に合わせると思います。こうする事で不自然な状態にはならないと思います。

「じゃ後ろ姿は?」という話になりますと・・・

「頭でいいんじゃね?」って感じです。

ちなみに私が「後ろ姿」を意識して撮った一眼レフ写真は以下です。

いつまでも
いつまでも posted by (C)葱

これだけ距離がありますと、ピントを合わせる部分はリュック部分でも頭部分でも大差はありません。

写真を撮る際には必ず「被写界深度」というものが出てくるのですが、要は「この距離でこの絞りなら、ここからここまでの範囲にピントが合ってるように見えるよ」的なものです。

ですのでその範囲内の場合は、あまり細かく「頭にピントを合わせよう」とか思わなくていいと思います。

マクロ撮影の場合は「これを見せたいんだ」と思う1点にミリ単位でピントを合わせる必要がありますからシビアですよね。
手がプルプルしちゃう原因になるかと思います。


ちなみにここ最近の私のように「トイカメラ風加工」を施す場合は、あまりそういう事を考える必要もありません。
むしろピントを外している方が味が出る事も多いので、「なんかもう一眼レフみたいなのは疲れちゃったなー」なんて時はトイカメラをオススメ致します。


ということでまた迷える子羊を写真道に導いた所で、最近のiPhone写真の方を。
昨日に引き続いて相楽園の写真を何枚か。

IMG_1397

都心にある庭園って感じでミスマッチ感がいいですよね。



IMG_1398

必ず水で遊ぶ浅葱くん。

「手が濡れた。つまり水という流体が私の手にまとわりつくのは、手が着水した時点から始まるのか。」

とか考えてると思います。将来は学者です。



IMG_1399

傘に守られる花。
なんかこう皿を回したくなるような傘です。



IMG_1400

なんかもう走り回る浅葱くん。
一緒に走らされるので大変です。

「父の初速度は私を超えているが、父は写真を撮る事に夢中な為、加速度は私の方が上である」

とか考えてると思います。将来は学者です。



ということで皆さんの写真への疑問は、素人であるこの私がまるで10年前から知ってたかのような口ぶりでお答えします。
どしどしお寄せ下さい。
風景&ネイチャー 撮影の教科書 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル)風景&ネイチャー 撮影の教科書 (玄光社MOOK フォトテクニックデジタル)
玄光社(2011-04-18)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック