何でしたっけ、作曲してたフリして耳が聞こえないフリしてた人。ワカトアキラでしたっけ?
まあ誰でもいいんですけど、「耳の聞こえないフリ」って簡単なようで難しいですよね。

先生「どうですか?聞こえますか?」
S氏「いやー、聞こえませんね。本当に音出てますか?」
先生「はい、2級」

とか漫才に使えそうですよね。
ついうっかり反応しちゃいそうですよね。

普段生活してたら音でビックリする事もあるじゃないですか。

例えば阪急電車。

コレに乗れば一発でバレると思いますよ。
電車のすれ違う時の音が半端無いですからね。

私も未だに阪急電車だけは慣れないのですが、電車がすれ違う時の「バンッ!」って音で背筋が伸びるんですよね。


あとは黒板引っ掻いてみるとかね。
これはもうダメですね。平常心じゃいられないですよね。
書いてるだけで手に汗出てきてますからね。

最後は銀紙を噛んでみるとかね。

もはや耳全く関係無い、単なる拷問になってますけどね。

ここまでやって耐えたらたいしたもんですよ。
がんばったで賞くらいあげてもいいと思いますよ。

まあニュースを見ながらそんな事を思う今日この頃であります。


では写真の方は須磨水族園の写真を何枚か。

IMG_1384

入り口の大水槽の前にコタツが設置してありましたよ。
座って魚見られるんですよ。座ってみたら結構画期的でしたね。

「そいや座って落ち着いて大水槽見る機会無いな」と思いながら浅葱くんと眺めてました。



IMG_1385

水槽上部からの光がいい具合に魚にあたって幻想的でしたよ。



IMG_1386

受け顎のエイも頑張って泳いでました。
ダイバーになった気分ですね。



IMG_1387

こちらは全く別の水槽。
立ち上げたばっかりの水槽で、魚を慣らせる為に薬品を入れてるそうです。
だから黄色い色なんですね。



ということで、水族館で魚をiPhoneで撮るのも結構楽しいですよ。
世界の美しい魚世界の美しい魚
著者:松浦啓一
パイインターナショナル(2013-06-21)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック