私の通う会社にも一時期「社内誌」みたいなのがありましてね。PDFで新しい事業の取り組みなんかを真面目に取り上げてる誌面なんですけど、毎回つまらないんですよね。

なんかもうみんな空気読んじゃってますからね。「頑張るぞー」みたいな雰囲気出す為のものって分かっちゃってますからね。
こうなってくると読み物としてはつまらないですよ。

かといってスキャンダル追ってればいいって話でもありませんよ。

「新人のA子、係長とお泊まりデート!?」みたいなのはキャッチーですけど、訴えられますからね。
「新人のB夫、飲めないと言いながら実は飲める!?同窓会を直撃!」みたいなのも面白いですけど、正直どうでもいいですからね。

「頑張るぞー」も白々しくてダメ、スキャンダルもダメ、それならばと考えたのが「月刊・給与明細」ですね。

「重役の給与明細が毎号付いてくる!」みたいな見出しで行けば、もはや社内誌が有料でも売れると思うんですよね。

1人の給与明細を10枚くらいにバラバラにすれば、10ヶ月は売れると思うんですよね。
勿論、創刊号は190円で爆発的に売れますよ。創刊号は「健康保険料」くらいでいいと思うんですよね。そこから想像させるわけですよ。

そして最後の10月号に「総支給額」ですよね。

勿論、この給料は高ければ高い程いいと思います。
社員が目指したくなるでしょうからね。

「実はそんなに貰ってません」ほどツマラナイ事ないですよ。
偉い人ってのは毎日デスクで新聞でも読んで、気の利いた一言言って高給貰ってればいいんです。

ということで、私が編集長買って出ますんで、ヨロシクお声がけ下さい。


では写真の方を。


本日は花や虫の写真を何枚か。

晴れやかに
晴れやかに posted by (C)葱

ノースポール。主体が2つになってるのは失敗ですね。
結構無理な体勢で撮るので、絵全体が見えない事もあるんですよね。



花の花
花の花 posted by (C)葱

手前のボケが面白いですよね。同じ花を前ボケにして撮ってます。



パンダ柄
パンダ柄 posted by (C)葱

テントウムシの背中にパンダがいました。



春の雪
春の雪 posted by (C)葱

こういう密集した花の時は、飛び出た一輪を主体にするのが基本ですよね。



ひっそりと
ひっそりと posted by (C)葱

背景は銀紙。ちょっと不自然な色合いになりますよね。
これがイヤだったんで、使わなくなりました。


ということで、花や虫の色々なシーンを撮ってみて下さいませ。
デジタルカメラ 花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)デジタルカメラ 花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)
アスキー・メディアワークス(2013-03-15)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック