先日何気なく夕食にあった鳥肉を指さして「この鳥肉は取りにくい!」って言ったら、浅葱くんが大爆笑してましたよ。

快感ですよ。
オッサンの得意分野ですからね。オッサンが唯一輝ける時がダジャレ言ってる時ですからね。

気をよくしたので、浅葱くんが「この恐竜が人を食べるんだよ!それでね、こっちの恐竜は…」とかドエライ報告をしてる時に「でもね、この鳥肉はやっぱり取りにくい!」って言ってみたら報告が中断して爆笑してましたよね。

その後5回くらいまでは使えましたよ。

この時の輝ける私を漫画にして欲しいくらいでしたね。
星の散りばめられた背景に、パンツ姿のオッサンが目をキラキラさせながら、振り向きざまに言い放つ「この鳥肉は取りにくい!」を明朝体で描いて欲しかったですね。

「ネコが寝転んだ」から「アルミ缶の上にあるミカン」まで豊富な品揃えでお待ちしておりますので、これからも抱腹絶倒の地獄を味あわせてやりますよ。


では写真の方を。


本日は水滴のマクロ写真を。

出会い
出会い posted by (C)葱

2つの水滴を主体に。
この水滴ってピント合わせるのが難しいんですよね。私の場合手持ち撮影ですからね。プルプル震えちゃうのがしんどいんです。



雨の後の宝石
雨の後の宝石 posted by (C)葱

綺麗な水滴見つけると楽しくなっちゃいますよね。
だいたい葉っぱにうぶ毛の生えてるものだと、水滴が綺麗に出来ますよね。



宝物
宝物 posted by (C)葱

主体になるような水滴が見つからなければ、ある程度指で水滴を集めてもOKかと思います。



水晶
水晶 posted by (C)葱

コレ割と好きなんですけど、撮ってる私が写り込んじゃってますので、失敗写真かと思います。
反射に気を付けて下さいね。


ということで、水滴見つけたら是非マクロで攻めてみて下さい。
写真写真
著者:谷川 俊太郎
晶文社(2013-02-01)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック