先日から「うまい棒」の話をしてますけど、この前「うまい棒」でケガしちゃいましたよ。

うまい棒使ってスターウォーズみたいにチャンバラしたわけじゃないですよ。それでケガする方がたいしたもんだと思いますからね。

そういう事では無く、口の中をケガしたんですよ。
上あごって言うんですか、口の上の方の皮がズルッといっちゃいましてね。もう文字にするだけでも痛々しいでしょ。

いやね「うまい棒」ってボロボロ落ちるじゃないですか。棒を折った時の衝撃でカスがどんどん落ちていくじゃないですか。鳩とか寄ってくるくらいになるでしょ。

私はそういうポロポロ落ちたカスを掃除するのが嫌いなんです。
落ちて汚れるのが嫌なんじゃなく、掃除するのが嫌なんです。

そこで私は考えたんですよ。

掃除したくない → カスを落とさない → 棒をなるべく折らない → 1本を2口で食べる事で、棒を折るリスクを減らそう。

とね。
これ思いついた瞬間、頭の上で電球とか光ってましたよね。ピコーンって音付きでしたよ。


で、実践してたんですけど、結構いい調子だったんですよ。
1本につき1回しか棒を折りませんからね。その1回に集中していれば、ほとんどカスが落ちないわけですよ。

「こりゃヤバいな。学会で発表するかな。」くらい思ってたわけですよ。

そんな感じで2本3本と食べていたらですよ、今度は「1本のうまい棒を食べる時、なるべく1回目でたくさん食べておくと、2回目は楽に食べられるな」と思いまして、棒を折る時になるべく多くのうまい棒を口に含むようにしたんですよ。

「ンガッグッグ」とかサザエさんみたいになりながら食べてたんですけど、あまりに奥に突っ込み過ぎて上あごの皮膚が損傷ですよ。


嫁様も痛々しい感じで見てましたよ。
どっちかって言うと、うまい棒をたらふく食べてる私の方に痛々しさを感じてたみたいですけど。
浅葱くんからも「これ食べたの?そしてケガした?」みたいな純粋なご意見を頂きましたからね。


皆さんもスナック菓子だからといって甘く見てたらケガしますよ。
「うまい棒はナイフだ」そう思ってこれからはもっと殺伐とした感じで食するように気をつけます。


では写真の方を。


本日は雪の砧公園。
東京に雪が降ったので、意気揚々と一眼レフ持っていったら凄い寒かったですね。単純に寒かった。
シャッター押しにくかったですね。


雪の砧公園
雪の砧公園 posted by (C)葱

いいですよね雪景色。
見慣れてる方はどうでもいい光景なんでしょうけど、東京には滅多に降らないですからね。関西も同様ですけど。



雪道
雪道 posted by (C)葱

こんな普通の雪景色が面白く感じてしまいました。



雪の木
雪の木 posted by (C)葱

ちょっとソフト加工入れてます。なんか神々しいですよね。



プリンセス
プリンセス posted by (C)葱

咲いたばかりの梅も雪かぶってましたね。



おうまさん
おうまさん posted by (C)葱

馬のオブジェも雪景色。



しろいき
しろいき posted by (C)葱

真っ白になった木。白い木。そして私の息も白く、白息。座布団下さい。


ということで、雪景色を撮ってみるというのも面白いですよね。
誰も教えなかった“自分流写真"の方法 (玄光社MOOK)誰も教えなかった“自分流写真"の方法 (玄光社MOOK)
著者:丹野 清志
玄光社(2012-07-05)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック