先日、喉の調子が悪くなりましてね。季節の変わり目によくあるんですけど、風邪の初期症状が出ちゃいましてね。
でもう薬とかジャンジャンですよ。ジャンジャンバリバリですよ。
まず常時ヴィックスドロップを舐めまくって、パプロントローチを間に挟みながら、喉の風邪に効く薬を2種類。

最初が肝心ですからね。
「ここで気を抜いてはダメだ」と、大好きなうまい棒も封印し、ラーメンも食べず、浅葱くんの大好きなたこ焼きも封印して鬼のような心で挑んだ結果、かなり良くなってきましてね。

「あと2日で完全に治る!」と確信した日曜日、自宅で安静にしてたんですよ。
そしたらまさかの頭痛ですよ。

頭痛になると痛い所ばかりに神経使っちゃうせいか、消化が鈍くなるんですよね。消化が鈍ったままだと、最悪リバースしますからね。

喉の腫れを治そうとしてるのに、胃酸で痛めつけるってのは御法度ですよ。
「傷口に塩を塗る」ってのを地で行くようなもんですからね。

ですから早急な対処をしようと「ロキソニンS」を飲んだんですよ。
頭痛にはロキソニンですよ。半分の優しさなんて要らないんです。とにかく痛みを解放したい。それだけの人はロキソニンですよ。

しかし優しさが無い分、胃の中がパニックになっちゃいましてね。
思った以上に胃に来ましたよ。

「け、結構やるじゃねーか。」みたいな90年代風の不良漫画チックになりながら、あばれ花組風になりながら、必死になって耐えましたよ。格好良かったですよ。
写真撮ってたら、きっとチョイ悪オヤジみたいなのが撮れてたと思いますよ。

そして頭痛と奮闘しながら数時間、「もう寝てやれ」って痛みを無視して寝床に入って「ツラかったオレ、ララバイ」なんて感傷に浸ってたら、キちゃいましたよね。リバースの波が。

グングンと体の中からこみ上げるビッグウェーブが、今まさに鮮烈なデビューを飾ろうとしてましたよね。

浅葱くんがスヤスヤ眠る隣で、お父さんが猛烈な顔してトイレに飛び込んでいきましたよね。

もうね無理でした。

必死に戦った数時間、全部無駄。
サワー沢口よりもうまく「リアルに吐く人」を演じちゃいましたからね。

「ハハ、オメエにはいつも負けっぱなしだな」

なんて呟きながら、再び寝床に行きましたよ。

まあでもリバースする前までは寝ても10分で起きちゃってたのが、リバース後はグッスリ寝られましたね。


で、結局喉は酸でやられましたよね。長期化しちゃいましたよね。
今回も頭痛には負けっ放しです。
頑張れロキソニン、負けるなロキソニン。

皆さんも喉が痛い時の頭痛には気をつけて下さいね。


では写真の方を。


本日は石垣島と竹富島。
この竹富島で買ったTシャツがお気に入りでしてね。ライナスの安心毛布みたいに、夏場ずっと着てたら、嫁様に捨てられちゃいましたよ。
なんかもう着すぎて黒くなってるんだとか。着てる本人、全く気づかなかったんですけどね。

ですから今一度、竹富島でTシャツを買いに行きたい。それだけの為に行きたい。今度は3枚買いたい。

そんな思い出の地の写真であります。

魚眼レンズを食べないで
魚眼レンズを食べないで posted by (C)葱

これは由布島でしたかね。馬がいました。



シーカヤック
シーカヤック posted by (C)葱

こちらは石垣島。
もうこの時は、私の足が日焼けで大変な事になってる時ですよ。
サンオイルの重要性を知った時です。



竹富島集落
竹富島集落 posted by (C)葱

こちらが竹富島。島の中央辺りに展望できる階段があるんです。
もう凄い急で危ない所なんですよ。
一眼レフ持っていくのはかなり大変なので、ご注意下さいね。



シーサー
シーサー posted by (C)葱

沖縄と言えばコレですよね。



御神崎(おがんざき)の夕日
御神崎(おがんざき)の夕日 posted by (C)葱

こちらは石垣島の御神崎って所で撮った知らない人。
しっかりピントを合わせた上で、大きくマイナス補正すれば、完全なシルエットが撮れます。
カメラの基本でございます。



ということで、石垣島、また行きたいなと思う今日この頃であります。
誰も知らなかった石垣島物語―自分探しの旅に出たい貴方に贈るスペシャルBOOK (NEKO MOOK 1340)誰も知らなかった石垣島物語―自分探しの旅に出たい貴方に贈るスペシャルBOOK (NEKO MOOK 1340)
ネコ・パブリッシング(2009-07-01)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック