先日、トイザらスでプラレールのパーツ買ったんですけどね、その時のレジで「では、よろしければ郵便番号をお教え下さい」って唐突に言うんですよ。

「郵便番号!?」

って結構大きい声出ちゃいましたよね。
あまりにも「言うのが当たり前だぜ。」みたいな雰囲気出してるんで、「ほれほれ、6から始まっちゃうのかい?」みたいな顔してるんで、こっちも面食らっちゃいましてね。
で、詳しく聞いたら、なんかアンケート取ってるらしいです。

そりゃコッチも仕事上、そういうのよく知ってますからね。
どこから来てるのか郵便番号でも分かれば、効率的なチラシ配布できるの知ってますけどね。

しかしちょっと待って欲しい。
こっちは物覚えが悪い。

自宅の電話番号すら覚えてないのに、郵便番号が出てくるわけが無い。

そりゃアチコチで郵便番号書いたりする事もありますけどね、そういう時は素振りしてから行くんです。体を温めてからペンを握ってるんです。

それを不意に聞かれたら、こっちだって大きな声出ちゃいますよ。

だいたい引っ越したばっかりで、素振りしてても以前住んでた所と今住んでる所の混合した番号書いて「エラー」とか出ちゃう事多いですからね。
こっちの記憶力、ナメてんじゃねーぞって話ですよ。

ですので、レジのお姉さんには上記全てを集約させて


「結構です」


って言っちゃいましたよ。ノーと言える日本人、ここに現るですよ。

まるで「個人情報保護」を声高に訴える団体の一員かのように言ってみましたけど、実際は「覚えておりません」って事ですからね。

人生8回も引っ越ししてれば、5回目くらいで「もういいや」ってなりますから。
「どうせまた変わるんだろ」って思ったら、番号とか覚える気にならないですからね。

その辺、周知の程よろしくお願い致します。


ということで写真の方を。


本日は小樽。

札幌で雪まつりがあるとかで、突然嫁様と一緒に行ったんですよね。
小樽なんかも特に行く予定無かったんですけど、札幌駅で「あ、なんか電車でスグみたい」って分かったらもう電車乗ってましたからね。

雪まつりの期間、小樽では「雪あかりの路」ってのをやってるんです。
街中が優しい灯りに溢れて楽しくなっちゃうイベントですよ。
浅葱くんにも見せてあげたいイベントであります。

小樽運河
小樽運河 posted by (C)葱

これが有名な小樽運河ってヤツですね。このスポットはあまりに有名なので、人だかりが出来てましたよ。



小樽雪あかりの路
小樽雪あかりの路 posted by (C)葱

こんな灯りが街中に溢れます。ステキ。



小樽雪あかりの路2
小樽雪あかりの路2 posted by (C)葱

ロウソクの優しい灯りなんかもあって、ステキ。



氷の中の紅葉
氷の中の紅葉 posted by (C)葱

ただ暗いですからね。写真は撮りにくいです。



あかり
あかり posted by (C)葱

港町って感じですよね。どう撮ってもいい感じになります。



焼き豚
焼き豚 posted by (C)葱

雪で作られた豚。その中に無数のロウソクが。

題して焼き豚。ありがとうございます。



ということで、小樽なかなか面白いですよ。
また行ってみたいと思います。
帰らざる街、小樽よ (実業之日本社文庫)帰らざる街、小樽よ (実業之日本社文庫)
著者:西村 京太郎
実業之日本社(2013-08-06)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック