なんか最新のPhotoshopCCが月額で使えるようになるんですって。
お値段は2,200円/月。但し年間契約が必要。
クラウド上のストレージも20GB使えるんだとか。

いいですねコレ。
どこに行っても自慢のRAWデータ現像できちゃいますからね。

ほら、例えば彼女の家とかに行ってですよ。「ちょっとPC貸して」とかなんとか言って、おもむろにPhotoshopですよ。
「今!今、右脳が動いた!」みたいな、ちょっとした芸術家を気取ったりできるんですよ。

「今日はちょっとカラーカーブの掛かり具合がイマイチだなぁ」とか、「ちょっとこのディスプレイ、キャリブレーションしてる?」とか、気になるあの子から着信拒否を受けるような文言がいっぱい浮かんできますよ。

まあでもあのバカ高いソフトウェアを勇気出して買うよりは、月額でチビチビと削られていく方が痛みは少ないってもんですよね。


私は写真を現像する時はPhotoshop Elements8を使ってますが、仕事ではPhotoshopCS6を使ってます。

「お、どこかのデザイナーか」とかちょっと身構えた方、ご安心下さい。
私がこのPhotoshopCS6を使うのは、WEBサイトのボタンとか作る時です。

「戻るボタン」とか作ってます。


まあそんな事はおいといて、最新のPhotoshopCCに備わった「手ぶれ補正」ってのが気になります。
ブレちゃった写真が元通り綺麗になるんですって。まさにマジカル。

もはやオートフォーカスでアングルだけ考えて撮れば、ブレはPhotoshopが直してくれるかもしれませんね。

将来はロボットに「おい、なんか面白い写真撮って来い」みたいな事言って、適当に撮ってきた写真をPhotoshopがフルオートで面白い写真にしてくれるかもしれませんよ。

未来ですよね。
車も筒の中走ってると思いますよ。


そんな未来に思いを馳せた所で、写真の方を。


本日で写真ストックも最後。

明日からどーすんだって話ですけどね、ご安心下さい。
また古いのからご紹介しますよ。何度でも見るんです。見直すんです。それが明日への希望になるのですから。


赤と赤
赤と赤 posted by (C)葱

近所で撮った薔薇写真。
信号機を背景にしています。こちらは赤信号。



黄色い月
黄色い月 posted by (C)葱

これがタイミング的には一番撮りにくい。黄色信号。
一瞬が勝負です。



青い月
青い月 posted by (C)葱

そしてコチラが青信号。
なかなか不自然ですよね。



木漏れ日と薔薇
木漏れ日と薔薇 posted by (C)葱

こちらは普通の薔薇写真。



森の中の薔薇
森の中の薔薇 posted by (C)葱

周囲の木々を使って森の中のように見せてますが、実際は道路のど真ん中。市街地です。


ということで、明日からまた古い古い写真を載せてみたいと思います。
光とセンスにあふれる写真の撮り方 (COSMIC MOOK)光とセンスにあふれる写真の撮り方 (COSMIC MOOK)
著者:その江
コスミック出版(2013-08-08)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック