昨日ヤケドの話を書きましたけど、知ってます?「ラップ療法」って。

ヤケドしたら普通冷やすじゃないですか。これは合ってるんです。
私はヤケドした指を冷水につけたり氷に付けてると楽になるので、1時間も2時間も冷やし続けてたんですけど、これが間違いらしいです。正解は3分〜5分。

「エー」ってなりますよね。

「3分くらいじゃまだホカホカだ。指がウインナーになっちゃうよ。」って声が聞こえてきますよ。

でも冷やしすぎは意味ないそうです。
単に神経を麻痺させて痛みを軽減させてるだけで、治癒には全く関係ないみたいです。

そこで出てくるのが「ラップ療法」。
本来のやり方は「ワセリンを塗って、サランラップを巻く」ってものなんですけどね、ワセリンが無かったのでサランラップを適当に巻いてみたらあらビックリ、痛みが無くなるんですよ。

どうやら痛みってのは空気と触れて乾燥する事で起こるみたいですね。

空気と触れない事で乾燥を防ぎ、傷口から出る体液で常に湿らせる、ってのがラップ療法の基本らしいです。
またこれによって治りも早くなり、傷跡も残りにくいんだとか。

いやー驚きましたね。
ラップ巻いただけで痛みがスーっと取れるんですからね。
凄い効果でしたよ。

でも「水ぶくれの無い1度のヤケドの場合は放置しててもいい。むしろラップ巻いたら危険。」みたいな事も書いてあったので、すぐ取っちゃいましたけどね。

水ぶくれの出来るようなヤケドから使うらしいです。
勿論、病院でやってもらうのがベストですよ。


皆さんもヤケドした時は耳たぶなんか触ってないで、ラップ使ってみてくださいね。


また皆さん賢くなっちゃいましたね。
そろそろクイズ番組とか出られるんじゃないですかね。


では写真の方を。


本日は秋の岡山で撮った後楽園の紅葉写真を。

赤い季節
赤い季節 posted by (C)葱

夏は秋が待ち遠しいですよね。もう10月くらいでちょっと涼しくなったらすぐ紅葉探しに行っちゃいますよね。無いんですけどね。
いつも11月がメインだと記憶しております。



赤と緑
赤と緑 posted by (C)葱

主体がちょっとイマイチですかね。
もう紅葉も終わりかけの時期だったので難しかったというのもあります。



玉の川を泳ぐ
玉の川を泳ぐ posted by (C)葱

でも終わりかけてる時期でも探せば結構あるんですよね。元気な紅葉。
くたびれてるのは背景の色に使えばいいってわけです。



爽やかな日
爽やかな日 posted by (C)葱

緑があれば赤い葉っぱは映えますからね。色合いを楽しんで欲しいです。



ということで、紅葉、待ち遠しいですよね。
じっくり待ってベストな時期に撮影に行ってみて下さい。
京都もみじ散歩 (SUIKO BOOKS)京都もみじ散歩 (SUIKO BOOKS)
著者:水野克比古
光村推古書院(2012-09-28)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック