半沢直樹「貰ったら贈り返す。半返しだ!」

ってネタを思いついて2ちゃんねるに書き込もうと思ったら規制で書き込めなくってガッカリしたのでココに書いておきますよ。

まあしかし36年も生きてると「半返し」に出会う事も多くなりますよね。最初に出会ったのが結婚した時ですよ。28歳の時でしたかね。

会社の上司が賑やかな祝儀袋持って「お返しはいらないからね。お返し無しって事になってるから。そういうルールだから。無しでいいんだからね」って凄い念押しして渡して来た時ですかね。

「押すなよ!絶対押すなよ!」みたいに言うので「何かお返しが欲しいのかな?本当にいらないのかな?どっちだ?」みたいに混乱しちゃいましたからね。
まあ当時の私は半返しなんて習慣知らなかったですからね。
ウブなネンネでしたからね。

しかし「半返し」とか本当によく分からない風習ですよね。

だって1万出しても返ってくる時は5千円相当の「品物」ですからね。
お金は色々助けになりますから「贈ってあげよう」と思っても、頼んでもいない品物が勝手に贈り返されて来て「おお、立派な人だ」とか思わないでしょ。変でしょ。

こういう風習で一番儲かってるの業者ですからね。
バレンタインと一緒ですよ。

出産祝いと内祝いは分かりますよ。
子供の名前とか周知する為でもありますからね。これは理解しますよ。

でも半返しすることで「礼儀正しいな」なんて思うなら、もう最初から半分だけ入れとけって話ですよ。コッチは電話しますから。「ありがとうございます」って言いますから。電話番号書いて半分入れときゃいいんですよ。

電話すらいらないって言うなら、もう「伊達直人」とか書いて100万円くらい入れてくれりゃいいんですから。

未だにこの習慣はよく分からんですね。


ちなみに香典返しなんかは貰った額の「1/3」を返すらしいですね。まあこれもよく分からんですよ。
もはや「香典返し!」とか言ってチョップの一つでもしてやればいいんですよ。「故人が馬場好きでして…」とか言えばなんとかなりますよ。


なんか大人になればなるほど、変な風習を知ってしまって、「ピュアなあの頃に戻りたい」とか思っちゃいますね。
大人の階段下りたい。


では写真の方を。


本日はホームグラウンドの「神戸布引ハーブ園」。
引っ越してから更に近くなった布引ハーブ園。最近は散歩ついでに山頂までロープウェイで行って、そのまま山頂からロープウェイで帰って来たりしてます。
私が唯一年間パスを買い続けている植物園であります。

キバナコスモス
キバナコスモス posted by (C)葱

シンプルですよね。空いた所には大胆な前ボケで埋めてます。



炎のように
炎のように posted by (C)葱

主体が前ボケでかすんでしまいますが、表現上はアリかもしれませんよ。燃えてるような感じが出てて面白いですよね。



仲良し
仲良し posted by (C)葱

かわいらしくて好きな鉢であります。
そこいらで売ってたので、いつか自宅にも置きたいと思っておりますよ。



桃色のドレス
桃色のドレス posted by (C)葱

フクシアのドアップ。ちょっと大きすぎですね。



いつまでも
いつまでも posted by (C)葱

温室の階段登ってる時にふと見つけた光景。すぐにファインダー向けちゃいましたね。
こういうのいいですよね。


ということで、是非植物園行ってみて下さいませ。
布引の滝のうた The Poems of Nunobiki Falls布引の滝のうた The Poems of Nunobiki Falls
審美社(2003-11)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック