昨日申し上げた新品のリュック。これを使って初めて出かけたのが人間ドックだったんですよ。
別に人間ドックの為に新調したわけじゃないんですけどね。
結果的に新品のリュックに自ら採取したウ○コを入れる事になっちゃったんですよ。

今まで使っていたリュックよりは若干オシャレになったのですが、運んでるものはウ○コですからね。それ背負って、朝の電車に乗っちゃいましたからね。
電車内のアナウンスでよく聞く「危険物の持ち込みは禁止です」にビクッてなっちゃいましたからね。爆弾抱えてる気分ですよ。

いざとなったら「近づくな!その線から下がれ!このリュックにはな…!」みたいな事が出来ちゃいますからね。ヘリコプター要求したり出来ちゃいますからね。
人間ドックは大阪で実施だったのですが、予約時刻が10:30という事もあって、ラッシュは避ける事は出来たんです。
でも狭い車内ですからね。私のリュック押すように人が分け入って来ますからね。


「おい、ちょっと!ジップロックから飛び出てきちゃうよ!」とか思いましたけど堪え忍びましたよ。


最終的には無事にブツを届ける事に成功しまして一安心ですよ。

「一昨日と今朝取れたてのオレのウ○コ、サヨウナラ」

って最後はちょっとしんみりしちゃいましたよ。
最初にしてはなかなかリスクの高い運搬物で、新リュックはなかなかいい仕事したと思います。


では写真の方を。


本日は明石海峡大橋。世界最長の吊り橋って事で「本当に吊ってんのか」ってくらい大きな橋なんですけど、そんな写真を載せてみます。

明石海峡大橋
明石海峡大橋 posted by (C)葱

神戸側から見てますが、淡路島側は少し下がっているんですよね。
下がってる辺りがちょっと撮影向きじゃないなとは思ったりします。上空から撮った方が格好良さそうです。



魚から見た橋
魚から見た橋 posted by (C)葱

魚眼レンズで真下から撮影。
通路みたいなのが有料で入れる回廊です。



怖い場所
怖い場所 posted by (C)葱

そんな回廊の一角にある、下が見える床。2歳の頃の浅葱くんは怖がってました。



克服
克服 posted by (C)葱

でもすぐ慣れました。
今では神戸ポートタワーの下が見える床もどんどん乗ってます。「お父さん、怖いの?」みたいな事を言ってます。私は怖がるフリをしてます。



長い橋
長い橋 posted by (C)葱

魚眼で橋がなるべくまっすぐになるように撮影してみました。



ホテル
ホテル posted by (C)葱

舞子ビラとかいう名前のホテル。経営難らしいです。
景色は良さそうなんですけど、近くの人は泊まらないですし、観光客は橋見て帰っちゃいますからね。


ということで、神戸に来たら明石海峡大橋も見て帰って下さいね。橋しか無いですけどね。
橋のディテール図鑑―写真でみるヨーロッパの構造デザイン橋のディテール図鑑―写真でみるヨーロッパの構造デザイン
著者:久保田 善明
鹿島出版会(2010-12)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック