拍手コメントでたまに「いつも楽しみにしています!」とか「写真ステキです!」とか「お金あげます!」とか、嬉しいコメントを頂いて恐縮するのですが、そういうのもっと大々的にお願いしますよ。

なんかもっと大きな舞台で、記者に囲まれた時なんかに是非お願いしますよ。
「葱ブロサイコー!」みたいに、映画のCMに出てくる素人さんみたいな感じで「最後はちょっと泣けました。」的な感じのインパクトを持ってお願いしますよ。

この皆さんのステルスマーケティング次第で、私の人生が左右されるんですからね。

その後は私もちょっと天狗になって来て、川越シェフみたいに「年収の低い人が私のブログにどうこう言って貰っても困る」とか問題発言して謝罪しちゃいますからね。ここまでが計算ですからね。
更にその後、宗教で一発当てて、選挙出て代議士になる辺りは偶発的な出来事ですからね。TIMEの表紙を飾ったりするのも、オバマと固い握手を交わしたりするなんてのも筋書きは無いですからね。
セリフ無用の無言劇ですからね。主役は冷め切った心と心ですからね。

あ、これはアルフィーの歌詞なんですけどね。


まあこんな感じでおだてると木に登るタイプですので、定期的に拍手コメントで言って頂けると嬉しいです。
宜しくお願いします。


では写真の方を。


本日はツツジ。
数年前、日岡山公園に撮影に行ってた時の写真を載せてみます。

桃色の場所
桃色の場所 posted by (C)葱

ちょっと熱気みたいなのを感じますね。モワモワしてます。



ツツジ咲く頃
ツツジ咲く頃 posted by (C)葱

こういう妙なボケ、好きですね。
劇的ビフォーアフターで言うなら「前ボケの魔術師」とかそんなんでいいですよ。



躑躅
躑躅 posted by (C)葱

この辺は花束っぽくてオーソドックスなのがいいですかね。



花の束
花の束 posted by (C)葱

でも同じように撮るなら、こういうハイキーな方が花束っぽくていいですね。

普段から適正露出にこだわりすぎてると、ハイキーな仕上がりにならない事が多いですからね。たまにはそういうのもいいと思います。


ということで、ツツジが咲く頃には、是非色々撮ってみて下さいね。
デジタルカメラ 花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)デジタルカメラ 花の撮影術 プロに学ぶ作例・機材・テクニック (アスキームック)
アスキー・メディアワークス(2013-03-15)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック