炊飯器を7,8年ぶりに買い換えたんですよ。炊飯器なんてこだわり無かったですけど、蒸気がもの凄くて困ってたんですよ。

そしたら何ですか、最近の炊飯器は蒸気の少ないタイプが多いって言うじゃないですか。「炊飯器もついに革命の時だな!やったな!象印賞だな!」って痛く感動したので三菱の炊飯器買ったんですよ。
「そこは象印だろ」って思うでしょうが、三菱の炊飯器が四角くて収まりが良くてカッコイイですよ。
四角い炊飯器はオフィシャルサイトでも見て下さい。

で、早速マニュアル開けて見てたんですけど、今も昔も炊飯器の手順に必ず

「炊きあがったらご飯をほぐす」

って手順がありますよね。シャモジで下の方からすくい上げて、ベチャベチャ感を防ぐ手順がありますよね。
私、この手順が納得いかないんですよ。

なんですか「釜が違う!」とか「必殺、ナントカ炊き!」とか、「ご飯の粒が立つ!」とか、各メーカーが色々な表現をしますけど、結局は炊きあがってから手動でほぐすんですからね。ほぐす操作あってのナントカ炊きですからね。

私はそろそろ「ほぐす動作付き」の炊飯器を出すべきだと思ってるんですよね。

ほぐしてる時にちょっとご飯が手に付いちゃって「アチッ!アチッ!」みたいにならない炊飯器を作るべきですよ。

そこまでやっての象印賞ですよ。
浅井慎平さんもそこまで出来る炊飯器を貰ってこそ喜ぶってもんですよ。


是非ご検討の程、宜しくお願いします。


では写真の方を。


本日は実家の庭で見かけたアセビとムスカリ写真の方を。

透き通る色
透き通る色 posted by (C)葱

花を下から撮った形です。背景は空になりますね。
ですので透明感が出ました。



フサフサ
フサフサ posted by (C)葱

木を背景に撮影してみるとアセビの花がよく見えますね。モサモサ咲いてます。



口先だけの花
口先だけの花 posted by (C)葱

口先だけ撮影してみました。見えにくいですね。



紫の房
紫の房 posted by (C)葱

こちらがムスカリ。ちょっとハイキー過ぎですかね。アリかナシかと言われれば、人それぞれな気がします。



植物の心
植物の心 posted by (C)葱

落ちてた葉っぱを載せてみました。生えてる葉っぱを毟ったような気もします。
庭だから可能な手法ですかね。


ということで、庭に小さな植物があれば、マクロ写真で色々撮る事ができると思います。庭のある方はいざ撮影ですよ!
庭と暮らせば BROCANTEスタイルの庭づくり庭と暮らせば BROCANTEスタイルの庭づくり
著者:松田行弘
グラフィック社(2012-09-07)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック