「シェフのきまぐれサラダ」って凄いですよね。名前はメルヘンな感じでフワフワした感じがしますが、調理場の殺風景なイメージにすると

「オイ新人!今日は大根でもブチこんどけ!」

みたいな感じを想像してしまいますね。
この前、ハーバーランドのカプリチョーザに行った時に、この「シェフのきまぐれサラダ」を聞いたんですけどね。

いやそんな事より、今これ書く瞬間まで「カプチョリーザ」だと思ってましたよ。さっき検索したらGoogle先生に「もしかして カプリチョーザ」みたいに指摘されちゃいました。
家でも普通に「カプチョリーザ」とか言っちゃってましたよ。とんだ赤っ恥ッスよ。株買い占めて、私が執行役員として潜り込んで「皆さん、明日からここはカプチョリーザになります」って言ってやりたいくらいですよ。

だいたいあの看板の「カプリチョーザ」って書いてある文字が分かりにくいんですよ。縦長すぎ。文字縦長過ぎなんですよ。


ちなみにこの「カプリチョーザ」はイタリア語で「気まぐれ」を意味するらしいですよ。だから「シェフの気まぐれサラダ」みたいなのがあるんですね。

皆さんもまた余計な知識が身についてしまいましたね。葱ブロでどんどん賢くなって京都大学にでも行って下さい。

尚、私は仕事前にこの店でパスタ食べたんですけど、ニンニクがもの凄くて困っちゃいましたね。
仕事前の気まぐれシェフにはご注意下さい。


では写真の方を。


本日も紅葉。だって紅葉の写真が沢山あるんですもの。


覗く赤
覗く赤 posted by (C)葱

一枚だけ赤だと主体にしやすいですよね。



そして流れ
そして流れ posted by (C)葱

これちょっと主体の色が悪いですけどね。



交錯
交錯 posted by (C)葱

背景は面白いんですけどね。主体が見えにくいですね。
望遠レンズの手前に手で持った葉っぱとか入れるとこんな感じになると思います。



紅葉の森
紅葉の森 posted by (C)葱

これ割といいですよね。縦構図ってあまり撮らないと思いますが、雑誌は縦長ですからね。プロは割と縦長で撮る方が多いと思います。



有終の美
有終の美 posted by (C)葱

枯れた葉っぱもまた面白いんですよ。いつか枯れた葉っぱで凄いの撮りたいなと思ってます。


ということで、生きた葉っぱもいいですが、枯れた葉っぱでも面白い絵を目指して下さいませ。
枯れ葉の言い分枯れ葉の言い分
著者:渡辺 由香
文芸社(2007-05-01)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック