昨日書いた通り、神戸市内でも割とタクシーを使うんですよ。

「どこのボンボンなのか」とか「執事はいるのか」という声が聞こえてきそうですが、車を持った時の計算をしてみると、意外と大丈夫なんですよね。

車の年間の維持費って年間30万〜50万円くらいですか。場所によりますが、駐車場代を考えるともっとかかってもおかしくないですよね。

例えば年間の維持費を、上記の間を取って“40万円”かかるとして、これを神戸市でタクシー初乗り660円に換算すると“600回”もタクシーに乗れるんですよ。

毎日1回乗ってもお釣りが来るってわけですよ。
こりゃもう飽きるまでハーバーランド行けますよ。

タクシーの運ちゃんだってこんだけゴミ拾いしたらNGO辺りから表彰されますよ。ボランティア大賞とかになりますよ。
まあ私はシェアリングで車使ってますので、毎月基本料1,000円、利用料4,000円くらいかかってます。
この年間利用料(60,000円)を差し引いて“34万円”くらいであれば、タクシー代や電車代に使っても、自家用車と同じと言えるかもしれません。

そもそもこの計算に車本体の値段を入れてませんからね。

サンデードライバー用の100万円くらいの車買ったとして、一般的に6年償却ですから年間16万円くらいはかかると思ったら、維持費と合わせて年間60万円近く車にかかってるような計算になりますからね。

まあでもこんな計算しても、欲しいものは欲しいですけどね。

夏場の暑い時期なんか、一歩も歩きたくなくなりますからね。

あと緊急時も困りますね。
嫁様が浅葱くんを産む直前は、いつでもタクシー呼べるように嫁様と練習したくらいですからね。

そんなわけで、葱家は暑い時期も寒い時期も徒歩移動で頑張っておりますよ。
「都会に住んで車の無い生活をしよう!」こんなスローガンで、来たるべき参議院選挙は頑張ってみたいと思います。


では写真の方を。


本日も紅葉。
落ちた紅葉を引っかけて撮っているものだけ集めてみました。
引っかける苦労を是非感じ取って下さい。

朝の一葉
朝の一葉 posted by (C)葱

吊すと簡単ですが、ちょっと見た目が悪い気もします。



輝く時
輝く時 posted by (C)葱

この置き方がベストですね。横から見て正面を向いてくれる置き方が出来れば完璧です。
しかし風には滅法弱いので、風の無い日にやってください。



黄色い葉
黄色い葉 posted by (C)葱

上の葉っぱで挟むように配置してるのが分かりますよね。



黄と赤
黄と赤 posted by (C)葱

同じ主体で玉ボケに楓のシルエットを入れてみました。



赤い一葉
赤い一葉 posted by (C)葱

引っかけるタイプです。主体がちょっと見えにくくなってるのが難点ですかね。



まあこんな感じで、「うわ、簡単にできそうだな」って思うのですが、実際にやってみるとまごまごしてしまい、うまく出来ない所か、周囲の目も気になって来ますので、落ち着いてできないのが現状です。

私のように早朝にトライするのが良いと思いますよ。
「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)
著者:梶村 尚史
三笠書房(2007-05-21)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック