最近、浅葱くんが絶妙なタイミングで「いいこと考えた!」って言うんですよ。
一体どこで覚えたのかサッパリ分からないのですが、“これを言うと大人達が一瞬止まる”というのを感じたらしく、「ちょっと待って!もっと遊びたい!」みたいな時に繰り出すんですよ。

例えば歯磨きの時。

歯磨きは面倒で嫌なもので、大抵食後の遊んでる時に言われますからね。嫌いになると思います。そんな時、彼は言うんです。

「いいこと考えた!」ってね。
私たち大人も、確かにそれ言われると一瞬止まるんですよね。「え?何考えたの?」って思っちゃうんです。

「山」って言われたら「川」って言うように「え?何?」って言っちゃうんですよね。

でも相手は3歳児ですからね。何も考えてやしませんよ。
ニコニコして「いいこと考えた!」って言い続けるので、我に返るんですよね。「ああ、こいつは何も考えてないな」って。


最近は寝る時の電気消す寸前に言いますね。
もっと遊びたいんでしょうね。
電気を消す前、何も考えてやしないのに「いいこと考えた!」って言ってます。


子供と一緒におりますと、大人も色々と言葉について考える事が多くなりますね。
「そうか、こんな一言が効果的なのか」って思ったりします。


こういう心に響く一言を研究して、将来「麺類にネギを入れない党」で政権を取る為にも、一生懸命頑張っていく所存でございます。


では写真の方を。


本日は色づき始めた楓と、田園調布の銀杏並木を。

早めの赤
早めの赤 posted by (C)葱

撮影時は11月初旬ですので、まだ早いですよね。
その頃の楓ってこんな感じの薄い赤になってるのをたまに見かけると思います。



色づき
色づき posted by (C)葱

しかも色の変わっている数が少ないので、同じ主体を撮っちゃう事になりますね。



緑と赤
緑と赤 posted by (C)葱

上の3枚は全部同じ主体ですからね。一歩二歩と位置を変える事で、色々な顔が見えてくると思います。



黄色い葉
黄色い葉 posted by (C)葱

こちらは田園調布の銀杏並木。田園調布3丁目は豪邸が沢山あって楽しいですよね。でもなるべく家を撮らないようにして下さいね。



田園調布の銀杏並木
田園調布の銀杏並木 posted by (C)葱

こちらが銀杏並木。家を入らないようにするのは結構面倒なんですよね。
こういう斜め構図もたまに繰り出すと効果的ですよね。



ということで、秋が来たら色々な紅葉、黄葉を撮ってみて下さいね。
人物、商品、生き物の魅力を引き出す96例 プロが教えるデジカメ撮影テクニック人物、商品、生き物の魅力を引き出す96例 プロが教えるデジカメ撮影テクニック
著者:三浦 健司
アスキー・メディアワークス(2010-05-19)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック