最近「激おこプンプン丸」ってのが流行ってるんですって。ギャル語ですよギャル語。
こういうのオッサンの皆さんはついて行けないでしょ?まだガングロがルーズソックスで渋谷を闊歩してるとか思ってる世代でしょ?

奥さんがトイレ入った時にイタズラで電気を付けたり消したりして、おもむろに「ジュリアナ〜、トーキョ〜!!」とかやっちゃったりしてるんでしょ?奥さんも負けじとトイレの中から「ポゥ!」とか言っちゃったりしてるんでしょ?そんな世代でしょ?

ダメですよそんな90年代を引きずってちゃ。時代は「激おこプンプン丸」ですからね。
そんな皆さんの為に、まずは意味からお教えしましょう。

まあ読んで字の如く、怒った時に繰り出せばいいわけです。

ワニワニパニックでワニが「もう怒ったぞ〜」って言うのが「激おこプンプン丸!」になったと思って頂ければ話は早いですよ。

新入社員の時期ですからね。
遅刻を繰り返す部下に繰り出してやればいいんですよ。


アナタ「ちょっと○○くん、来なさい。」

新人「なんすか」

アナタ「キミねぇ最近遅刻が多いけど、いつまでも学生気分じゃ私も激おこプンプン丸だよ!」


これでアナタも明日から新人に「一緒に昼どうッスか」みたいになっちゃいますからね。結婚式の仲人とか頼まれちゃいますからね。家族ぐるみでお付き合いが始まっちゃいますからね。


ちなみに失敗しても当局は一切関知しないのでそのつもりで。


では写真の方を。


本日は花火写真の方を。

私は基本的に都内の「たまがわ花火大会」を撮ってました。お台場でやってるやつとか、今の地元、神戸の花火大会に参加してみましたが、海沿いでやってる花火ってのは観覧するスペースに困ります。

「たまがわ花火大会」の場合は多摩川でやりますので、駅から遠くに行けば行く程すいてるのですが、海沿いはどこも大混雑して写真が撮りにくいですね。

そんな「たまがわ花火大会」だとどういう感じで撮れるのか、載せておきます。

花火見物
花火見物 posted by (C)葱

花火写真ってのは基本的に合成が多いんですよ。
ニュースサイトで取り上げる花火写真も「○枚合成」とか書かれていますからね。撮影側に都合よく花火は上がりませんし、煙でメインの壮大な花火が見えなくなる事もありますから、合成するのが一般的だと思います。



にこにこ花火
にこにこ花火 posted by (C)葱

こちらは不思議な感じですが、こういう花火です。かわいいですよね。



都内のオーロラ
都内のオーロラ posted by (C)葱

土手の下の方から人の頭を入れて撮ってます。
この写真の場合は、人のシルエット無い方が良かったですね。



大輪
大輪 posted by (C)葱

トリミングしますとこんな感じになったりします。



思い出の花火
思い出の花火 posted by (C)葱

フォーカスリングとか少し操作すると、花火写真って面白くなりますよね。
最初にリングを動かすか、最後にリングを動かすかで絵が変わってきますよ。



たまがわ花火大会
たまがわ花火大会 posted by (C)葱

こうやって綺麗に収まる事はあまりありません。というのも花火って1発、2発と間を開けてあげるので、なかなかベストな位置関係で複数の花火が撮れるって事が少ないんですよね。



ということで、花火写真、皆さんも面白く撮ってみて下さいね。
消防装備便覧2013 (イカロス・ムック)消防装備便覧2013 (イカロス・ムック)
イカロス出版(2012-08-28)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック