この前テレビつけたらナントカ戦隊みたいなやつを偶然見たんですよ。「キョウリュウナントカー!」って言ってましたよ。
改めて見てみると変な服着た5人が寄ってたかってパンチ・キックの応酬で、ボコボコにした上に爆発までさせるじゃないですか。木っ端微塵とはまさにあのことですよ。

「暴力はいけない」なんて月並みな事を言いたいわけじゃないですよ。学校の先生だって暴力振るうんですから、もはや人間行動学としては一般的な行為だと言えますよ。

でもそんな時代にあえて「戦わない戦隊モノ」ってのは視聴率取れると思うんですよね。凄い戦わなきゃいけない状態でも絶対戦わない。説得するんです。
「クニの母さんが泣いてるぞ!」みたいな事を怪人に言うんです。
でも相手から攻撃はされますからね。とにかく避ける事だけ達人という設定です。

そして防御に関してブームを起こすんです。

これはブームがキますよ。昨今のいじめ問題にも絡めて、防御ブーム来ちゃうと思いますよ。空前の防御ブームですよ。

電通の関係者さん、アイデア出しますんで宜しくお願いしますよ。

腕に付ければ防御力が2倍になるガードウォッチ!バカ売れですよ。
腰に巻けば防御スピード3倍、セーフベルト!たまごっち以来の行列ができますよ。
頭にかぶれば強い衝撃も全部吸収、ヘルメット!土木作業もはかどりますよ。

番組のシリーズも終盤になると、リーダーのレッドが怪人にウッカリ手を出してしまい、自責の念に駆られるという心理ミステリー戦隊、ガードレンジャー。

来期はコレで決まりでしょう。
ガードレンジャー。私はカレーを食べるイエロー役で是非。


では写真の方を。


本日はお空の写真。
飛行機に乗ると必ず窓側をキープするのですが、荷物は必ず前の座席の下に置くようにしています。
いざ飛び始めると、上の荷物入れから一眼レフ出すには一苦労ですからね。乗る前からしっかり準備しないと空の写真は撮れません。

そしていざ一眼レフをカバンから出す時には勇気が必要です。
出したらしまうタイミング無いですからね。ここぞという時に出さないといけないのですが、結構難しいんですよ。

そんなタイミングを見計らって撮ったのがコチラです。

不穏
不穏 posted by (C)葱

ちょっと面白い雲ですよね。ドンヨリした感じで、怪人とか出てきそうです。
全部防御してやりますよ。



雲の島
雲の島 posted by (C)葱

青空が見えると途端に綺麗に見えますよね。
でも写真全体が青色に持って行かれてしまうので、レタッチは必須だと思います。



大空
大空 posted by (C)葱

夕暮れ時はどんな状態でも綺麗ですね。
飛行機から夕暮れ撮るにはタイミングも重要なので難しいです。



暮れ時の富士
暮れ時の富士 posted by (C)葱

東京湾辺りを旋回してる時に撮った富士山。雲が波のようですよね。
美しい富士山でありました。



ということで、皆さんも飛行機に乗る機会があれば、是非一眼レフを持って行って下さいね。
空の色空の色
著者:HABU
ピエブックス(2000-11)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック