私の最初の会社はブラック企業でした。
社員は100名程度で、ほとんどの社員が出向していて、社長のお気に入りが本社に残る形です。

ちなみに使えない新人は「明日から給与が労働基準法の最低基準になるけど、明日会社来る?」って言われてましたね。
なんか大切な資料をゴミ箱に入れたとか、色々な事が重なったので新人の方もどうかしているのですが。

で、そういう会社に限って社員旅行とかあるんですよね。
私は頑なに断っていたのですが、社員旅行に行かない場合は出社しなきゃいけないんです。
「出社するか旅行するか」の二択の上、毎月数千円強制徴収された共済費はこの旅行で使われてしまうので、出社する方を選ぶと損ばかりなんです。

それでも頑なに断っていたのですが「これは絶対参加だ」みたいな強権を振るった海外旅行がありましてね。仕方ないので参加したら「夜は女郎屋に行くぞ。社会勉強だ。」みたい事を社長が言うわけですよ。海外でですよ。
あまりにくだらないので社長に直談判して「行かんよ」って言ったら、後日日本に戻ってから部長、専務、社長から順に怒られまして最後は「おまえは協調性が無い」って言われましたね。

で、これがきっかけで辞めました。

ちなみに辞める時も細かいイジワルされるんですよ。退職が12月末だったのですが、ボーナス出ないのは仕方ないとして、退職日を月末から1日ずらされるんです。
年末なので「12/31は営業日じゃないから」みたいな事言って12/30を退職日にされるんです。

そうするとどうなるかって、会社は社会保険料(健康保険料と厚生年金保険料)をひと月分払わなくてよくなるんです。
月末まで在籍して初めて保険料の支払いが発生するので、1日前に辞めると「12月は退職月」となって、会社は保険料納めなくていいんですね。

私の方は12/31だけは無職の状態なので、この12月だけ厚生年金を支払ってない事になるんです。一月分損しちゃうってわけです。

でもね、ブラック企業にいるとそんなのどうでもいいんですよ。
一刻も早く関わりたくなくなるんです。

ちなみに2社目は1年で辞めましたが、そういうイジワルは皆無でしたね。
皆さん会社に少なからず不満があると思いますが、実はその「普通」がいいんですよ。


ブラック企業に関しては他にも色々な話がありますが、ダークな部分しか無いのでこのへんで。



では写真の方を。


本日はキキョウ。
桔梗の花って形がパーフェクトなんですよ。花と言えば桔梗だと思うくらい、ビューテホーだと思ってます。

今日はそんな桔梗の写真を3枚ほど。

優しく咲く花
優しく咲く花 posted by (C)葱

この花の形が花らしいですよね。



暑さ耐え
暑さ耐え posted by (C)葱

前ボケを入れても美しい。花の形がパーフェクトな気がします。



一輪の花
一輪の花 posted by (C)葱

等々力不動尊で撮ったこの絵が一番好きですね。形がいいので映えますよね。
そこに玉ボケをちょっと、気持ち程度入れるだけで絵になります。


ということで、桔梗を見つけたら是非撮ってみて下さい。
一休さん (寺村輝夫のとんち話 1)一休さん (寺村輝夫のとんち話 1)
著者:寺村 輝夫
あかね書房(1976-07-25)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック