先週末、東京に出張しましてね。
春休みの期間だからか、ホテルがどこも空いてなくて、皇居近くのホテルになっちゃったんです。

そして出張する直前ですよ。

「そういや関東は桜が満開とか言ってたな」と思い出しまして、咄嗟に望遠レンズつけて、充電したんだかしてないんだか分からない電池突っ込んで、一眼レフをカバンに入れたんです。

仕事用のノートPCも持って行ってたので、思わぬ大荷物になっちゃいましたね。やっぱり一眼レフは、あの重さが大敵ですね。「ちょっと持って行くか」って気分にならないですからね。
で、ホテルは皇居の近くということで、早朝に千鳥ヶ淵行ってみましたよ。
もう何年も同じコースで撮影してますので、今回は私の撮影コースを披露させて頂きたいと思います。


より大きな地図で 【早朝限定】千鳥ヶ淵の桜を撮影するコース を表示

この地図にある赤い矢印が私の撮影コースです。

最初は「半蔵濠」という千鳥ヶ淵の隣から攻めます。
この半蔵濠では、「菜の花+桜」や、「お堀のフチの雑草の緑+桜」といった撮影が出来るので、面白い背景で撮りたい時は「半蔵濠」がオススメです。

ちなみに青い矢印の部分を通って千鳥ヶ淵に向かいますが、この青い矢印部分は一眼レフを首からブラ提げてると、ちょっと格好悪いエリアです。
桜が無い所ですからね。

私は毎回いかにここを格好良く通り抜けるかを考えて歩いてますが、今年はお尻をキュッと締めて、一眼レフを片手で持ちながらスタイリッシュに切り抜けましたよ。多分、福山雅治なんかに見えてたと思いますよ。サインとか練習しときますよ。


まあそんなわけで、まず前半は半蔵濠で撮影した桜を載せてみます。


満開の桜
満開の桜 posted by (C)葱

こちらが宴会なんかもできる半蔵濠側の公園。
テント張って自分の場所確保してる人とかいますからね。その意気込みを違う方向に使って欲しいと思います。



朝の桜
朝の桜 posted by (C)葱

背景の灯りはイギリス大使館の灯りを使ってます。
ただ早朝はちょっと暗いので、若干ピンボケだったりします。ソフトフォーカス風な加工で誤魔化してみました。



春の力
春の力 posted by (C)葱

いい色合いですよね。この色合いが半蔵濠の特徴なんですよ。
お堀のフチにある雑草の緑が美しく、ここを背景にするとこんな感じで撮れます。



春の色
春の色 posted by (C)葱

こちらも半蔵濠の特徴。菜の花が大量に咲くんです。
この色を使わない手は無いですよね。緑や黄色が綺麗に背景にできますので、半蔵濠、オススメです。



ということで、まだ千鳥ヶ淵の写真ではありませんが、是非半蔵濠も撮影に行ってみて下さいね。
京都桜案内 (SUIKO BOOKS 147)京都桜案内 (SUIKO BOOKS 147)
著者:水野克比古
光村推古書院(2008-03-05)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック