そいや不意に思い出したのですが、子供の頃、東京の祖父母の所に遊びに行った時の事ですよ。
看護婦してる祖母を、いとこ2人と一緒に祖父の車で迎えに行った時だったと思います。祖母が車に来た後、祖父が「ジュース買ってくる」と言ってエンジンかけながら車を出て行ったんです。

その後ですよ。

祖母が「あらやだ!サイドブレーキが動いてる気がする!」って言ったんですよ。その瞬間、ただならぬ緊張感が車内を駆けめぐったんですよ。
祖母が必死に「ちょっとアンタ達、動いちゃダメよ!」みたいな事言ってるんですよ。「なんかちょっとサイドブレーキが動いてる気がするわ!」って何度も言うんです。そりゃもう子供達は皆ビビっちゃいましてね。

大人が「ブレーキが利かなくなるかも」とか言ってるわけですからね。一大事ですよ。

車内は「ジュースジュース」のワイワイムードから、「動くと死ぬぞ」といった威圧的な雰囲気になってしまって、えらい記憶に残ってるんですよね。

まあそのまま普通に祖父がジュース持って帰って「どうした?何かあったか?」くらいな雰囲気だったんですけどね。


今考えると、当時MT車しか無かったわけで、サイドブレーキが解除されても動き出すわけも無く、そもそもサイド引き直せば良かっただけなんですけどね。

騒がしい子供達を静める為の秘策だったのか、本当にサイドブレーキが動いてるように見えたのかは謎のままですが、子供は意外に覚えてますので、とびきりの秘策を繰り出す時は気を付けた方がいいですよ。

十数年後に「そういえばあの時の…」みたいな話になっちゃいますからね。


ということで写真の方を。


本日はボケを生かした写真と理路整然とした写真の作例を載せてみます。

白い森の中で
白い森の中で posted by (C)葱

ヤグルマギクですかね。真横から撮るとまた幻想的で面白いですよね。



星々
星々 posted by (C)葱

真上から撮影すると脳の中のシナプスみたいな感じですよね。
理路整然としながらも、面白みが出ました。



初夏の花
初夏の花 posted by (C)葱

これは普通の花写真ですかね。
主体と同じような間隔で白いボケを入れてるので、バランスが取れてますよね。



アンテナ
アンテナ posted by (C)葱

こういうマクロ写真は何か幾何学的で理路整然とした感じが出ると思います。



HANA
HANA posted by (C)葱

左右対称の構図ってのは「シンメトリー」って呼びますが、たまにはそういうのを撮ってみるのも面白いですよ。


ということで、皆さん色々な写真を撮って下さいませ。
世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書世界一わかりやすいデジタル一眼レフカメラと写真の教科書
著者:中井 精也
インプレスジャパン(2010-04-23)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック