これ書いてる時は、WBCで「プエルトリコ勝利!」とかやってる時なのですが、プエルトリコって言えば「道端で新聞かかえたプエルトリコの少年はダイムを数える」ですよね。
「君から届いたエアメイル、ながめて暮らしたこの街にも」で、「なじみの笑顔が増えてきた。元気でいるか、それが聞きたい」ですよね。

ここを見ているオッサン方は、もうピンと来ているでしょう。TM Networkの「Confession」の歌詞です。作曲は木根さん。キネバラの中の一曲ですね。ちなみに作詞は西門加里さん。
中学生くらいに初めて聞いたような気がしますが、まず「プエルトリコ」がどこか全くわかりませんでしたね。今ですらよく分からないくらいですが、その少年が新聞抱えてダイムを数えるんですからね。全く意味不明でしたね。

営業マンが「社内でコンセンサスを取った上で、新しいスキームとしてブラッシュアップを図り、またレスポンス致します。」とか言ってるのに似てると思います。

この「ダイム」って10セント硬貨らしいですね。
要は少年がお金数えてるだけですよ。
私は新聞抱えてるので、てっきり「Dime」って新聞があるんだと思ってましたよ。

まあ何にしろこのTM Networkってのは歌詞が未来な感じで素敵でしたね。
「アスファルトタイヤを切りつけながら、暗闇走り抜ける」とか超カッコイイですもんね。プレゼンとかで言いたくなっちゃいますからね。

「我が社の製品は、チープなスリルに身を任せても明日に怯えますので、ゲッワイ!」

とか言えば受注間違いないですよね。
重役からの「おー」というどよめきが歓声に変わり、「これからも宜しく頼むよ」って言いながら固い握手してる姿が目に浮かびますよ。NECとかのCMで出てきそうです。


是非皆さんも機会があれば歌詞をプレゼンに取り入れてみてください。
責任はご自身でお願いします。


では写真の方を。


本日は4月のお花。

誰かいる!
誰かいる! posted by (C)葱

私はコレを「ネモフィラ星人」と呼んでます。「こりん星人」と同じような扱いで結構です。キワモノです。



黄色の中の小さな心
黄色の中の小さな心 posted by (C)葱

テントウムシの背中の模様がハートだったので撮ってみました。
マクロレンズでこういうの見つけると「早く撮らなきゃ!行ってしまう!」と思って焦るんですよね。



幻想山吹
幻想山吹 posted by (C)葱

山吹を幻想的に撮ろうと前ボケ入れてみたのですが、ちょっと暗いですね。
妖しい感じは出た気がします。



凛と
凛と posted by (C)葱

対してこういう明るいのはいいですよね。
パンジーの背景に別の花をボケで入れただけですが、ピッタリ合うと面白い絵になると思います。



ということでこれからの花ですからね。皆さんも面白い花写真撮って下さいね。
花写真○と× (NCフォトシリーズ 21)花写真○と× (NCフォトシリーズ 21)
著者:逸見 仁
日本カメラ社(2012-12-03)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック