車をバックさせる時って男の見せ所らしいですね。助手席の後ろに手を回し、後方を見ながらバックするあの格好がいいんだとか。

まあシェアリングの「わ」ナンバーで神戸の街を颯爽と走り抜ける、私くらいになりますと、車庫入れ時は運転席のドアを開けて恐る恐るバックしますね。

昔は格好良く振り向いてバックしてましたけど、後ろ向いてるのでハンドルがどういう状態になってるかよく分からないんですよね。
右に左にグルグル回すので、真っ直ぐになる位置が分からないんです。

結果的に格好悪くなっちゃうんです。
そこで大学生の頃だかに、運転席のドアを開けてバックしてるのを見て「コレだ!」と思ったんですよ。

駐車場のラインが見えると、真っ直ぐかどうか分かりやすいんですよね。


やっぱり格好良さよりも実用的な方がいいですよ。もう皆さんオッサンですからね。格好付けてる場合じゃないですよ。
格好付けてもモテやしませんからね。会社の女性社員が「キャー」とか言う確率ゼロですからね。まずそのビール腹からどうにかしてくださいよ。

ということで未だに振り向いてバックしてる人がいたら、是非ドアを開けてのバックを試して下さいね。開いたドアぶつけないようにだけ注意してください。


では写真の方を。


本日は花の写真を。
花写真って面白く撮るには技術なんかほとんど必要ありません。
発見力が重要なんだと思います。

そんな写真を何枚か。

一輪の花
一輪の花 posted by (C)葱

普通のチューリップ。前ボケに白い花を使ってます。余計な所を見せないようにしていますね。



白い鐘
白い鐘 posted by (C)葱

釣鐘水仙ですが、手前に同じ花を重ねています。ちょっと見えにくいですが「お?」と思うかもしれませんよね。



お花畑の中で
お花畑の中で posted by (C)葱

非常に低い花なのですが、そこの隙間をぬって見つけたポピー。
はいつくばってこういうアングルを探します。



「あのよー」
「あのよー」 posted by (C)葱

単なるチューリップのマクロ写真ですが、角度を変えて撮れば口みたいに見えますよね。



ワンダーランド
ワンダーランド posted by (C)葱

菖蒲の裏側。こういうのも覗いてみないと発見出来ないですよね。



ということで、写真というのは技術よりもアイデアが重要だという事を肝に銘じて頂ければと思います。
こんな撮り方もあったんだ! アイディア写真術こんな撮り方もあったんだ! アイディア写真術
著者:上原ゼンジ
インプレスジャパン(2012-09-07)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック