夢がとても面白い事ってありますよね。
先日も結構笑っちゃって目が覚めたのですが、いつも朝になると覚えてないので、iPhoneにメモ書いたんですよ。「ムフフフ」って思いながらメモしたんです。

そのメモがコチラ。

「機内に銃を持ち込む小室。パーツ。」

まさに意味不明。
これの一体どこが面白かったのか、寝ている私に問いかけたい。優しく丁寧に問いかけて「面白くないよ」と囁きたい。そんな気分でございます。
こういう夢日記を付け続けていると精神崩壊するって噂、ご存じですか?

なんでも夢と現実の区別が付かなくなってしまうんだとか。
まあコレは迷信なんですけど、この夢日記を付けていると明晰夢を経験できるらしいですよ。

明晰夢ってのは、夢の中で夢と自覚して、その夢の出来事をコントロールする事だそうです。

これは面白そうですよね。
一方的に進む夢では無く、自分で道を切り開くのですから、夢が楽しくなりそうです。

例えばビルから落っこちてる夢なんか見た時に、背中から羽を生やして飛んで回避するとか出来ちゃうわけですからね。

車で事故りそうな夢になっても、「キット、ターボブーストだ!」みたいに言えば「はい、マイケル」って感じになってジャンプで回避できそうですよね。

明晰夢、体験したいものであります。
皆さんも是非夢日記付けて明晰夢にチャレンジしてみてくださいね。私は眠いのでしませんけど。


では写真の方を。


本日は私の中だけで一時期流行っていた、玉ボケにシルエットを入れる写真を。

この絵を撮るには三脚が必須だと思います。基本的には望遠レンズを使いまして、玉ボケが出来る状況までをセットします。

そこからライブビューにして液晶画面に玉ボケを出した状態で、落ち葉をレンズの前にかざします。
すると玉ボケの中にかざしたモノのシルエットが写り込みます。

ただかざしたものをちょっと動かすとすぐズレてしまいますからね。息を止めてしっかりかざしてください。

ではそんな感じで撮影した写真の方を。

夢の中
夢の中 posted by (C)葱

ちょっとシルエットの形が悪いですが、こんな感じで簡単にできます。

ただレンズの前にかざしますので、全体的にボヤッとした感じになってしまう事に注意です。



茂みの中に潜む影
茂みの中に潜む影 posted by (C)葱

この絵の場合、ちょっと私が動いてしまったのか、シルエットの輪郭がボヤけてますよね。
結構難しいんですよ。



万華鏡
万華鏡 posted by (C)葱

沢山の玉ボケがある状態であれば、こんな感じにもなります。見えにくいですけどね。



季節の模様
季節の模様 posted by (C)葱

コレ撮った時に、「あ、なんとなく顔に見えて来たぞ」と思って撮ったのが次の写真。



目がモミジ
目がモミジ posted by (C)葱

なんとなく「のび太」風になったと思います。ちなみになぜかコンテストでも入賞しました。
アイデアが良かったのかもしれません。



ということで、やってみると色々と面白い撮り方を思いつくと思います。
是非皆さんも色々やってみてくださいませ。
写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101写真がもっと上手くなる デジタル一眼 撮影テクニック事典101
著者:上田 晃司
インプレスジャパン(2012-03-09)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック