携帯をしながら運転するのは道路交通違反ですが、これをスーパーの食料品売場でも適用して頂きたい。

電話をしながらのカートの操作は、もはや法に触れる行為だと思うんですよ。
出会い頭の衝突、突然の通路中央での立ち止まり、予測不可能なUターン、どれも執行猶予が付かないレベルだと思うんです。

そうでなくても「せやせや、お肉買わんと」みたいな顔して突然のUターンは当たり前のスーパーの通路は、是非取り締まって欲しいと思うんですよね。笛くらい吹いて頂いていいと思うんです。
なんならもう逆転の発想で、回転寿司みたいに野菜とか肉がベルトコンベアで流れてくればいいとも思いますよ。
なんかもう目の前に流れてきた大根が少しずつ遠ざかるのを見ながら「あ、大根必要な気がしてきた!」とか思わせて、ついつい不要なものまで買っちゃうと思うんですよね。
マーケティング的に成功すると思うんです。これはナイスアイデアですよ。
意匠料は売上の3%で結構ですよ。


で、そんな危険な通路を抜けた最後の砦が「レジ」ですよね。


一生懸命に遅い店員と、1万円を先に出した上で、端数の小銭を必死に探すお客のせめぎ合いですよ。
私は以前からクレジットカードをオススメしていますが、カードでも店員の対応が二分しているのをご存じですか。


・レシートが出てくる前にカードを返す、“よく分かっている”タイプ

・カードを持ったまま、必ずレシートと一緒に返す、“分かってない”タイプ


これは関東だと半々くらいでした。どっちかと言うと前者の“よく分かってる”店員が多かったですね。
しかし関西は9割が後者です。

いいですか、よく聞いて下さい。今からゆっくりお話しますからね。


出した財布は早くしまいたいんです。
レジの前でボーっと財布の口開けて待ってるのはイヤなんです。

しかしカードを握っているのはアナタ、そうレジの店員なんです。
そのアナタの手にカードがあると、私の財布はいつまで経ってもしまえないんです。

レシートが出てくるまでの数秒間に、カードを所定の場所に入れて財布はしまいたいんです。それが正義ってもんなんです。


私はこれを優しくお教え差し上げたいなと思っております。「全国レジスター協会」とかあるならレクチャーしますよ。
さあ皆さん、ゆっくり直していきましょうね。


ということで一通り訴えた所で写真の方を。


本日は浅葱くん。
もう3歳になっちゃいましたが、まだ0歳の頃の浅葱くんを載せてみます。

新しい世界
新しい世界 posted by (C)葱

これ産まれて初めて自宅に来た時に撮ったんですよ。

「おお、なんか住む人が増えたぞ!」って思って感動しました。



守りたいもの
守りたいもの posted by (C)葱

今よりずっと小さい手。
生まれてすぐは、シワシワなんですよね。



怪獣の休憩
怪獣の休憩 posted by (C)葱

とにかく何度も泣いては起きてましたね。私も何度も抱っこしました。

どうしても泣きやまない時は、真夜中に抱っこヒモで散歩に行った事もあります。
抱っこヒモで散歩すると、その揺れで眠るんですよね。でも自宅に戻って「ヨッコイショ」って降ろすと泣いてしまい「散歩したのに意味ないじゃん!」って愕然としましたね。



子育て楽しいですよ。
早く大人になって一緒にお酒を飲みましょうぞ。
子ども写真の撮り方手帖子ども写真の撮り方手帖
著者:川野 恭子
毎日コミュニケーションズ(2010-11-23)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック