数週間前に久しぶりにリバースしちゃいましてね。
「ノロウイルス」でも「飲み過ぎ」でもなく、「頭痛」でリバースしちゃいましてね。

この頭痛になる前日、喉が痛かったんですよ。毎日ブログ書けないくらい仕事をしているせいだと思うのですが、喉が痛くなっちゃったんです。

もうね36年も生きてますと、「あ、コレ放っておくと風邪になるな」って分かるんですよ。長年の勘ってヤツです。
刑事コロンボ見てて「あ、コイツ犯人だ」って感じるのと一緒です。あ、コロンボは先に犯人が分かるタイプの映画でしたっけ。
で、この初期症状の頃に、秘伝の喉の薬や、市販のトローチ、ヴィックスで総攻撃して撃退できれば風邪にならないんです。
総攻撃してる間は「喋らない」「外に出ない」「安静にする」というのが鉄則で、丁度土曜日だったので、個室に籠もって養生してたんです。

そしたらもう見たいWEBサイトも無くなるくらい暇なので、寝まくってしまいましてね。

昼間も散々寝まくった上に、夜は浅葱くんと一緒に8時半に寝たら、夜中の3時に頭痛で目覚めましたよ。さすがに寝過ぎでした。

とりあえず頭痛を治そうと、イブを2錠飲んで休んでたのですが、頭痛薬飲むと胃が暴れるんですよね。

「くそっ、静まれ!オレの内臓!」とか中二病みたいな状況で戦っていると、そのうちウ○コしたくなったんですよ。爽やかな朝のお通じの時間ですからね。
コレは自然な流れなのです。

しかしこういう時にウ○コしますと、間違いなくリバースするんです。

いやもうコレは誰にも共感頂けないと思うのですが、胃が暴れている時にウ○コしますと、その臭いに気持ちが悪くなりリバースしてしまうのが私の伝統なのです。
これを私は「自爆」と呼んでおりますが、この方程式にピッタリ当てはまる状況だったんです。

なんとかこのウ○コリバースを切り抜けようと、トイレに行く直前まで我慢に我慢を重ね、エイヤ!とトイレに飛び込んで15秒で用を足し、煙が出るくらいの勢いで尻を拭き、高速で脱出する所までは完璧だったんです。

しかし手を洗ってタオルで手を拭いた瞬間、鼻の奥に残った残り香を起点に、心の中のナレーターが「さぁ盛り上がって参りました!」って言った所でアウトですよ。

「ワンナイトフィーバー!」とか心の中のバッキー木場が盛り上げながらゲロゲロですよ。

せっかく治りかけてた喉の痛みも、胃酸によって再発です。
踏んだり蹴ったりですよ。


まあその後すっかり元気になりまして、こうして皆さんに爽やかな話をお届けできるのが幸せの限りであります。

頭痛のひどい時に薬を飲む時は、多めのお湯で飲んで下さいね。


ということで、華麗にライフハックを披露した所で、写真の方を。


本日は雑多な花写真を。

高貴に
高貴に posted by (C)葱

ユリみたいな花が持つイメージは「高貴」だと思うんです。こういう時はお姫様のようなイメージで撮るとだいたい良くなると思うんです。
周囲にある綺麗な花で面白い前ボケを作ってみると良くなると思います。



開花する一時
開花する一時 posted by (C)葱

花一輪をこの大きさで撮るのは勇気が必要だと思います。シンプルが良いと申しますが、シンプル過ぎるのは怖くなるものであります。

この絵もシンプル過ぎてちょっと不安ではありますが、背景の玉ボケがもう少しハッキリ見えていると大成功だったかもしれませんね。



甘くなれ
甘くなれ posted by (C)葱

ブドウなんかは玉ボケと合わせやすいと思います。



カラフルなムック
カラフルなムック posted by (C)葱

植物園なんかでもよく見かけますが、このモジャモジャの花はマクロで撮ると面白い気がしますね。



ということで、夏場の色々な花、面白く写真で切り取って下さいね。
花の撮り方きほんBOOK (カメラきほんBOOK)花の撮り方きほんBOOK (カメラきほんBOOK)
著者:今道 しげみ
マイナビ(2012-03-23)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック