先日、祖母の家がある和歌山に行きましてね。
私が玄関先でくつろいでいた所、向かいのお宅に何か用事でもあったんでしょうね。「(ドンドンドン)○○さーん!○○さーん!」って言ってる人がおりました。
祖母の家と同じく木造の小さな家に向かって叫んでるのに、誰も出て来ず留守みたいだったんですよ。

しばらく経ってから向かいのお宅からオバちゃんが家からひょっこり出てきて、その時ドンドンと玄関叩いてた人とはち合わせになったんです。

「なんや、おるんやん。さっき呼んでたのに。」

と言われたオバちゃんは、こう返しました。

「ゴメンな。家広いからな。」
美しいですね。まさに関西の様式美。
もはやこの地では誰かがボケないといけない制度になってるんだと思います。

私は普段一切ジョークを言わない頑固一徹なカミナリオヤジですので、この辺で関西ジョークを学んでウィットに富んだ所を見せたいなと思ってます。

たぶんテレビも上沼恵美子とかそういうのを見ないといけないんだと思います。
かなり厳しいですが、浅葱くんがEテレにチャンネルを合わせる前に、まずは恵美子を探そうと思う今日この頃であります。


では写真の方を。


本日は「一輪の花」。

写真というのは小さい四角形の絵ですが、ビギナーな人ほど余計なものを多く入れてしまう傾向があります。
そして「うまく撮れない」と思ってやめてしまう事が多いのではと思っております。

皆さんが見ている「感動する写真」というのは、どれもシンプルで分かりやすくなってる事かと思います。

本日はそんなシンプルな写真の代表とも言える「一輪の花」だけの写真を見て頂ければと思います。

鈴鳴る
鈴鳴る posted by (C)葱

この写真に2つの花があるとどっちみていいか分からなくなりますよね。1輪だからこそ「これを見て」というのがダイレクトに伝わるわけであります。



スラリと
スラリと posted by (C)葱

こちらはちょっと露出がオーバー気味に仕上げてしまいましたが、「こう撮りたかったんだな」みたいな所はご理解頂けるかと思います。



一人寂しく
一人寂しく posted by (C)葱

どれもだいたいは前ボケで周囲を隠しています。
余計な葉っぱは花にピントが当たるのを避けているわけですね。



うつくしく
うつくしく posted by (C)葱

前ボケを大きくすると、主体もボケてしまう事が多いので、できるだけ綺麗に覗ける場所を探して前ボケを作って下さいね。



ということで、ビギナーでもレンズのモードを「MF」にさえすれば、簡単に前ボケは作れますので是非お試し下さいね。
Canon EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM ズームレンズ 望遠Canon EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM ズームレンズ 望遠
キヤノン(2005-10-31)
販売元:Amazon.co.jp

mixiチェック