西の方で仕事をしていますと、異常なほど“東京に詳しいアピール”をしてくるオッサンが多いですね。
偉くなればなるほど多い様に思います。

「大学生の頃は、文京区だったから詳しいよ。」とか「2年ほど、三鷹に住んでたんですよ。」このくらいはまだ序盤ですよね。
ここからGoogleMapsの地図見ながら「ココにあったお店知らない?当時有名だったんだけどなぁ。」とか、「ココ!ココに住んでたの。2年間。」とか「この頃は本当に貧乏だったんだよ」等々、周りの部下達が苦笑いするような状況になるんですよ。
こういうのを反面教師として見ておかないと私もそうなりかねませんからね。

「ココ!ココにある鎌田前耕地緑道ってのがね、僕の撮影スポットだったんだよ!」

とか鼻を広げて興奮気味に言ってそうですからね。

まず世田谷に住んでてもコレ知ってるの近所の人くらいですからね。
今、Google先生に「鎌田前耕地緑道」って検索したら、かなり上位に私のブログ出てきますから、私のブログがバレちゃいますからね。。


ですから私なんかは率先して慎まないといけないと思ってるんですよ。


もはや東京なんか住んだこと無いくらいの気持ちがベストだと思うんですよね。

ディズニーランドよりUSJ、スカイツリーよりも通天閣、富士山よりも氷ノ山。
これくらいの気持ちで頑張っていこうと思います。

東京に行ったら「うわぁ人が凄く多い!ビルもいっぱいだ!あ!これがコンクリートジャングルか!」とか渋谷辺りで言ってみせますよ。


そんな決意をした所で写真の方を。


本日は一時期頑張ってた猛烈な前ボケ写真。
“ボケボケの中に咲く一輪の花”ってのに憧れてたんですよ。もう色々なシチュエーションで試しましたが「コレだ!」って所まで行きませんでした。

そんな試行錯誤の写真を。

一輪の花
一輪の花 posted by (C)葱

もの凄い小さい花を望遠で撮ってます。
レンズの手前には花壇の花を入れてます。主体の花がもう少し大きい方がいい気がするのと、前ボケが鬱陶しいですね。



花フィルター
花フィルター posted by (C)葱

色々な角度から頑張って撮ってました。ボケは面白いのですが、主体が見えないのがよろしくないですよね。



深い紫の中で
深い紫の中で posted by (C)葱

こうなると「主体はいらないんじゃないか」って思ってしまいます。ボケすぎです。



幻想的に
幻想的に posted by (C)葱

この辺りが限界ですね。主体が見える範囲での大きな前ボケを狙うとこれくらいでしょうか。
やはりもう少し主体の見える穴を探した方が良い気はします。
手前の植物次第なので難しい所ではあります。



ということで、幻想的に前ボケを使って一輪の花を際立たせるような写真、いつか「コレだ!」というものを撮ってみたいなと思う次第でございます。
Canon EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM ズームレンズ 望遠Canon EFレンズ EF70-300mm F4-5.6 IS USM ズームレンズ 望遠
キヤノン(2005-10-31)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック