浅葱くんと2人で出かけますと、困るのがトイレですね。私がトイレ行きたくなった時に、2歳児をトイレの外で「待っててね」なんてするわけにもいきません。

一緒に連れて入って、「そこで動かないでね」と私の後ろに立たせて用を足すわけですが、困ったことに最近オシッコの実況するようになってしまいましてね。

浅葱くんが私の股の間から見てるんでしょうね。オシッコが出るまでの時間が長いと


「出ない…」


って残念そうに言うんです。
そして念願のオシッコが出ますと


「出た!」


って嬉しそうに言うんです。

「いやいやキミキミ、実況しなくていいから。他の人もいるからね。」

と言うのですが、今度は私の足の横から顔を覗かせて指さししながら


「ちんちん!」


って、宝物発見したかのように、意気揚々と言うんです。いやまあ、宝物である事に間違いは無いんですけどね。

私としては

「いやもう仰る通り。アナタの言う事にはブレが無い。まさにコレはチンチンでございますけれども、その発見を口に出して言わなくて良いのです。」

と思うわけであります。

まあ色々と発見しては口に出てしまうお年頃ですので、生暖かい目で見守っておりますが、できればトイレでは静寂を保って欲しいものであります。


では写真の方を。


昔の花写真を見ておりますと「なんだこりゃ」と思うものが多々出てきます。同じ被写体でも今と昔は撮影手法が違っておりますので、その比較をしてみたいと思います。

■ 薔薇の場合
トゲのある花
トゲのある花 posted by (C)葱


怪しく花開く
怪しく花開く posted by (C)葱

前者が昔、後者が割と最近のものであります。

私が何度も言ってますが、薔薇というのは花が大きいです。ですので写真に占める割合、バランスを考える必要が出てきます。

そういう意味で前者は頭デッカチな印象を受けるかと思います。そういう意味では菖蒲のボケなども加えた後者の方がスッキリと美しくまとまっている気がしますね。



■ コスモスの場合
コスモスと空
コスモスと空 posted by (C)葱


霧のように
霧のように posted by (C)葱

コスモス畑のイメージをそのままに撮影した前者は、いまいちまとまりがありませんね。色々な色が入ってしまったせいかと思います。
また写真の中央辺りで2分割されてしまっている構図も悪いと言えます。総合的に見てイマイチであります。

後者は主体が分かりやすいですね。少し前ボケが多すぎる点はありますが、幻想的でステキであります。



■ ホオズキの場合
ほおずき
ほおずき posted by (C)葱


秋模様
秋模様 posted by (C)葱

こちらは一目瞭然ですね。
前者はマクロでただ拡大して撮っただけ。ホオズキ好きなのですが撮り方がよく分からず、昔はマクロで適当に撮ってました。

後者の方が美しさが際立つと思いますね。望遠レンズで遠くから撮り、朝露の反射を玉ボケに利用しています。


ということで、一眼レフを本格的にやろうとした1年目と3,4年目を比べると明らかな違いが出てくると思います。皆さんも過去の写真から見てどう変わったのかを確かめてみてくださいね。
最高の工事写真の撮り方 (エクスナレッジムック)最高の工事写真の撮り方 (エクスナレッジムック)
著者:中野 裕
エクスナレッジ(2011-09-27)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック