先日散歩してたら、浅葱くんがランボルギーニを発見しましてね。

私は全く気づかなかったのですが浅葱くんが突然「ランボルギーニ!」と言うので、「ハッハッハ、ランボルギーニがあるわけ無かろう。一体何と間違えたのかね。」とかなり余裕気味に振り返ったら、対面に真っ白なランボルギーニ・ガヤルドがあり、こっちの余裕が無くなっちゃいましたよ。

鼻をフガフガさせながら、興奮気味に近くまで行って「浅葱くん、スゲーな!大発見だな!」とか言って、ランボルギーニを間近で見てきました。
あの勝ち誇ったような浅葱くんの顔が忘れられません。
ランボルギーニはトミカのミニカーで持ってますので、浅葱くんは目の前の本物のランボルギーニをビシッと指さして


「持ってる!」


って言ってましたね。
周りに誰も居ない事を確認してから私も「そうだね持ってるね」と返すのですけど、どこか悲しい気持ちになりましたね。


こういう時、いつかこう返してみたいなと思うんです。


「お父さんの乗ってる車はブガッティでしょ。ブガッティ・ヴェイロン。早く覚えてちょうだいよ。」


神戸の山を買い取って、ふもとに門作って、山頂の玄関までアストン・マーティンに特注で作らせた車に乗っていくのが夢ですね。

ドライブに使う車は勿論ブガッティ。

宝くじくらいじゃどうにもならないので、皆さんの寄付にかかっておりますよ。
さぁ一口1千万円から!皆さん押し合わないで!


では写真の方を。


季節を先取って桜写真を載せてみます。
東京は桜の咲いている所が結構多かったように思いますね。

墨田区に住んでいた時も世田谷区の時も、あちこちで咲いておりました。桜を見に来た人が一ヵ所に集中しなくて良いなと思いましたよ。

桜だまり
桜だまり posted by (C)葱

こちらは深沢にある呑川緑道。駅から遠いので近所の人しか来ない撮影には持ってこいの場所でした。



馬駆ける春
馬駆ける春 posted by (C)葱

こちらは馬事公苑。JRAが作ってる公園で、馬術なんかもやってます。馬術と桜、結構面白い組み合わせですよね。高貴な感じが出ると思います。



旅立ち
旅立ち posted by (C)葱

こちらは神奈川県になりますが、宿河原という所の桜。カモが散歩していた所を撮ってみましたが、モノクロにするとなんかカッコイイですよね。絵になります。



まだここにいたい犬
まだここにいたい犬 posted by (C)葱

こちらは呑川緑道での一コマ。ワンちゃんが「もっと桜見たいんだ!」って言ってるような感じがしますよね。面白いと思います。


ということで、桜写真と言っても主体は桜では無く、周囲の人や動物だったりする事で面白さや格好良さが増すと思います。
花ばかりでは無く、周囲も見ながら撮ってみると良い気がします。
動物を撮る!―「写真の学校」動物を撮る!―「写真の学校」
著者:前川 貴行
雷鳥社(2009-10)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック