先日新潟に出張がありましてね。「関西から新潟ってどうやっていくんだ」と色々探してみましたが、どう考えても飛行機以外の手段が無いんですよ。飛行機でも空港までの時間やバスの時間やら、新潟駅までの道のりは3時間弱かかります。対して新幹線の場合は東京経由で5時間半。これは飛行機一択なのであります。

で、JALのサイトで予約していたら早速問題発生。帰りの飛行機が全て満席。
仕方ないのでANAのサイトで調べてみるも、金曜日なので夕方以降は全て満席。
苦悩した挙げ句、私が繰り出した作戦が「JALで行く!東京1泊新幹線の旅!」コレです。
行きは飛行機で、帰りは新潟から東京まで新幹線で行き、東京で1泊して土曜日に新幹線で神戸に帰るというスケジューリングです。

とにかく“仕事後は速攻で帰りたい派”の私としては超レアな方法です。レアアイテムです。オークションとかで10万くらいで転売されるレベルのレアアイテムですよ。


とりあえず適当なホテルを取ったのですが、よく考えると東京駅周辺で宿泊するって初めてなんですよね。

都内に10年以上住みましたが、例え仕事で帰れなくなっても「よし、東京駅で宿泊だ」なんて事になるわけないので当たり前ではありますが、結構新鮮ですよ。
早朝の東京駅周辺は誰もいなくて面白かったです。

iPhoneで適当に撮ってみた東京駅周辺を載せておきますね。

誰も居ない 誰も居ない2

誰も居ない街ってのは、モノクロが似合いますよね。

まあこんなのを撮って、朝一番の新幹線に乗って神戸に帰りました。
これはこれで楽しめました。
都内在住の方も、一度東京駅周辺で泊まってみてはいかがでしょうか。


ということで本来の写真の方を。


本日は5月に咲く雑多な花という感じであります。

白いモヤ
白いモヤ posted by (C)葱

もう少し主体が見えていると良かったですね。背景のボケと前ボケの位置関係は良い気がします。



知ってる花
知ってる花 posted by (C)葱

普通の「シラン」ですね。背景に一捻り欲しくなってきます。



桜
posted by (C)葱


あの木
あの木 posted by (C)葱

こちらは桜の木。2ヶ月くらいで一気に違う顔になるのが面白いですよね。



クネる花
クネる花 posted by (C)葱

前ボケの位置関係が悪い気がします。絵の流れは主体に合わせて右下から左上に流れてますが、もう少し工夫が欲しかった気がしますね。
工夫の見える写真というのは面白さが出るものだと思います。



紫の花
紫の花 posted by (C)葱

結構シャープに写ってますが、それだけですよね。背景のワンポイントの玉ボケは月夜のようで面白さはありますが、草が邪魔なのは否めません。



ということで、自分の写真を振り返ってみると色々な反省点があると思います。問題は次の撮影の時に覚えている事です。
露出補正でも、最初の頃は設定方法なんか本で見ても、撮影時には忘れていると思います。そのうち「この場面ではマイナスがいい」などと思うようになるのは、覚えるからです。
是非自分の失敗と成功を覚え、次回の撮影に生かして下さいね。
「成功」と「失敗」の法則「成功」と「失敗」の法則
著者:稲盛 和夫
致知出版社(2008-09-24)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック