4月上旬に宮古島行ってきました。
まず気になるのがこの時期に宮古島に行く服装ですかね。
最低気温19度、最高気温24度くらいですので、基本的には半袖。宮古島に到着するまでは長袖の上着を着ておき、宮古島で脱げば良いと思います。
靴下なんかも鬱陶しくなるので、着いてから脱いだ方がいいかもしれませんね。

あと海開きするかどうかって時期が4月ですので、海パンはいて「わーい」って飛び込む感じでもありません。実際に足を海に入れてみると「うわ、冷たい」という感じです。マリンレジャー目的の方はご注意下さい。

そして久しぶりに一眼レフ使いました。
レンズは広角の「EF16-35mm F2.8L II USM」のみ。

とにかく観光的なワイドな絵を撮っていこうと決めて行きました。
望遠やマクロを使い出すと、同じ場所に留まって集中して撮る事になる為、やっぱり観光の時は広角のみで行くのが簡単で良いと思います。


さて、そんな4月の宮古島を広角レンズで撮った写真を、何回かに分けて載せておきたいと思います。


初日に行ったのは宮古島から車で行ける「来間島(くりまじま)」という島です。
ホテルから近いので、簡単に行く事ができます。

この来間島には無料で入れる展望台があります。

来間島の竜宮城展望台
来間島の竜宮城展望台 posted by (C)葱

まあこんな感じです。絵的に面白く無いのは仕方ございません。



来間大橋
来間大橋 posted by (C)葱

この展望台から見える景色がコチラ。方角的には西北でしょうか。
この島まで渡ってくるのに走った橋が見えます。



竜宮城展望台からの眺め
竜宮城展望台からの眺め posted by (C)葱

こちらが北東側。海の色が沖縄ですよね。コレ見に行きましたので大満足であります。



東平安名崎
東平安名崎 posted by (C)葱

初日に東平安名崎という宮古島最東端にも行ってきました。灯台はあるのですが営業時間を過ぎていて登る事はできませんでした。16:30で終わってしまいますので要注意であります。



影の古城
影の古城 posted by (C)葱

観光的な写真ばかりだと面白く無いので、色々考えた結果に撮ったのがコチラ。
先程の灯台の影が崖下の海岸に映っていたので撮ってみました。こうやってみると、西洋のお城でも建っているかのようですよね。名所で印象が変わる絵を見つけると面白くなりますね。



東で咲く花
東で咲く花 posted by (C)葱

東平安名崎に限らず、宮古島のアチコチにこのユリが咲いていました。なんかもう誰も何もしてないのに、勝手に咲いてしまうみたいで、無造作に咲いてました。

本州だと温室で手入れをしっかりしてないと咲かないイメージですが、宮古島ではタンポポと同じくらい普通のように咲いてます。



ユリと灯台
ユリと灯台 posted by (C)葱

灯台と合わせてみました。



東平安名崎の灯台
東平安名崎の灯台 posted by (C)葱

最後は帰りがけに撮った灯台の写真。
空が特徴的だったので斜め構図で灯台と合わせてみました。割とバランスが良いですよね。



ということで、以上が初日(4/9)の写真であります。

観光に行きますと、お父さんは写真に集中して撮ってられないですよね。「ちょっと待って、もう少し撮っていく」なんて言ってる場合でもありません。

ということは、近所撮るよりも観光地で撮る方が難易度が上がると思った方が良いでしょう。

「観光地でこそ一眼レフで撮る!」と思ってる方は、割と逆だったりします。腕を上げる為にも近所で集中して一眼レフを使い、その撮り方を瞬時に思い出して観光地で撮るというのが良いかと思います。

是非皆様も、近所での一眼レフに精を出してみてください。
Canon EF 16-35mm F2.8L USMCanon EF 16-35mm F2.8L USM
キヤノン
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック