「ワタリ33、スソ20」って言われて何の事か分かります?変形ズボンの事です。
メーカーは色々あったと思いますが、私の地元では「キングダッシュ」が有名でした。
変形ズボンは「ワタリ」と「スソ」の数値によって、“悪いヤツ度”が変わるのです。だいたいビビってる人は「ワタリ33、スソ20」くらいです。私は更にビビってましたので、スソは22くらいだった覚えがあります。

この「スソ20」辺りが境目で、これより細いのを履く人はだいたいヤンキーか、体育教師が休みなのを知ってる知能犯くらいです。

我々小市民が目指すのはツッパる事では無く「いかに変形ズボンに見えないようなモノを履くのか」がポイントであって、没収覚悟で特攻するような無駄な出費は望んでおりません。


尚、私が変形ズボンを履いていたのには理由がありました。
片道8kmもの自転車通学をする上で、標準ズボンだとスソが自転車に引っかかり、何度か危ないなと思ったためです。

この危険を回避する手段を、慎重かつ大胆に調査した結果、


・スソを靴下の中にインサートする。

・スソの細いズボンを買う。



この2点しか思いつかなかった為、迷わず後者を選んだ次第です。


で、結局ズボンは一回没収されちゃったんですけどね。

職員室に用があったので突入したら運悪く体育教師に見つかってしまい、あーだこーだ言われて「没収」と言われてしまいました。
試しに「自転車こぐのに危ないんスよ」って言い訳がましく言ってみたら、予想通り殴られましたね。

「親父にもぶたれたことないのに!」ってセリフが出てくれば良かったのですが、まだまだアマチュアでしたからね。グーの音も出ませんでした。

“試しに言ってみたら代償が大きかった”って事ってありますよね。
この時私は「黙ってる方が得な事もある」と、一つ賢くなった瞬間ではありました。大人の階段を昇りましたね。


まあそんなわけで写真の方を。


冬に撮る写真って困っちゃいますよね。撮るもの無いですからね。
そんな冬の写真を載せてみます。

絵画
絵画 posted by (C)葱

水仙。ハイキーに仕上げているので印象的ではありますが、厳密に見ますと主体の色が飛んでいたりしますので、あまり良くありません。
ただ何でもかんでもコンテスト用に写真撮ってるわけでは無いと思いますので、こういう絵をたまに撮ってみるのも面白いと思います。



ジョウビタキ
ジョウビタキ posted by (C)葱

撮るものが無い時は鳥を撮ってみるのも良いですね。
世田谷に住んでた頃、冬はよく成城に行ってました。所ジョージの世田谷ベースのあるのが成城です。
河原に降りていける川がありますので、鳥とか撮りやすかったですよ。



1月の花
1月の花 posted by (C)葱

こちらは梅。やっぱり1月は梅だと思うんですよね。
梅は枝が邪魔だったりしますが、なるべく枝を排除してシンプルに撮ってみるのも手だと思います。



花で踊る
花で踊る posted by (C)葱

こちらはマクロ写真。空向いて撮ると背景はこんな感じになると思います。



梅模様の屏風
梅模様の屏風 posted by (C)葱

太陽の当たっている木を背景にすれば、こんな感じで屏風のようなイメージで撮る事もできると思います。



梅自体、写真にするのは結構難しいので、花はシンプルに、枝は極力入れず、背景に工夫をしてみるのが一番だと思います。
是非梅の撮影なんかも気をつかってやってみてくださいね。
花写真―上手になるための18のルール花写真―上手になるための18のルール
雷鳥社(2002-03)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック