最近ノンアルコールが流行ってるみたいですね。皆さん30代、40代のオッサンだと思います。ガンダム世代だと思います。ですので“ノンアルコール”なんて聞くと「なんだその軟弱な飲み物は!本当に最近の若いモンは!」とか思ってしまうかもしれません。
しかしですよ。その「俺たちの若い頃はな!」と言いかけたその口をまずは塞いで、優しい気持ちで若者の文化に接してみようじゃありませんか。ノンアルコールが流行ってる?じゃ飲んでみようじゃありませんか。AKBナントカが流行っているなら、一度見てみようじゃありませんか。どうせ皆さんだってヨーヨー持ったら“おまんら、許さんぜよ”とか学校で言ってたんでしょ。一緒ですって。
まあそんなわけで、会社帰りにサントリーのオールフリーってのを買ってみたんです。その帰りがけにふと思ったのは「あれ?アルコールの無いビールって、もしかして麦茶だったりしない?」という一抹の不安でしたね。

オールフリーと一緒に買ってきた刺身を切りテーブルに並べてみたら、こりゃ間違いなく晩酌でしたね。雰囲気出てましたよ。新築した自宅の照明に船舶照明を使って、渡辺篤史に「私もね、好きなんですよ。船舶照明」ってしみじみと言わせるくらいの大人の雰囲気が漂ってましたよ。

で、飲んでみたのですが、一瞬ですよ。ほんの一瞬、麦茶がよぎりました。が、その後の確かなビールの味に安心しました。

それにしても当たり前ですが全く酔わないですね。
ビタミン剤を持ってきて「これ、凄くよく効く胃腸薬なんだよ」なんて言われて飲んだら「ホントだ!調子が良くなった!」とか言っちゃうくらいのプラシーボ効果を期待していたのですが、やっぱり酔わないですね。

こっくりさんとかで「私の好きな人は?」とか聞いちゃうと、机に置いた10円玉が「た → な → か」と動いて盛り上がっちゃう方なんかは、きっと酔うと思うんですよ。
「やべーマジ酔っぱらっちゃった」とか言うと思うんですよね。

私が参加すると、だいたい「う → ん → k」とか動いて「こっくりさん、もうやめようぜ」とか言われちゃうタイプですからね。常時疑心暗鬼ですからね。むしろこの世すら「ウソだろ」って思ってますよ。マトリックス的な救世主ですよ。弾丸避けちゃいますからね。


まあそんなわけで、ノンアルコールビールはあまり面白くありませんでしたが、次の世代では “強アルコール 40%ビール” とか流行るんじゃないですかね。「キミもチャレンジ!」とかそんなキャッチフレーズで。悪役商会の八名信夫が「うーんマズい!もういらない!」とかCMで言っちゃうようなイメージで。


くだらないのでとっとと写真の方に行きましょう。


本日はキバナコスモス。
夏場は本物のコスモスの前に、まずはキバナコスモスが満開になるかと思います。そんな写真を載せてみます。

黄色いアーチ
黄色いアーチ posted by (C)葱

シンプルにまとまってます。背景のボケを利用したアーチであります。ただ、あまり面白く無いですね。



キバナコスモス
キバナコスモス posted by (C)葱

同じキバナコスモスをボケに使っています。インパクトはあって良いかもしれませんが、これ一枚で「凄い写真だ」とは思えませんね。



オーラ
オーラ posted by (C)葱

割と面白いボケが出てますよね。レンズの乱反射で妙なボケが出来上がるのですが、これを失敗ととるか、成功ととるかは撮影者次第だと思います。私なんかは結構好きですよ。こういうボケ。



胸張って
胸張って posted by (C)葱

シャープで凛とした写真ですよね。シンプルでキビキビしていて、清々しい感じがします。トイカメラなんかで撮っても良い主体かもしれないですね。



一輪
一輪 posted by (C)葱

ちょっと遠くにある一輪を撮ってみました。何かこう寂しげな感じを出しているのは独りぼっちだからでしょうか。



花の闘志
花の闘志 posted by (C)葱

コレなんか結構好きですね。妙に燃えるような緑のボケとシャープな主体が、なんとなくタイトルのように「闘志」みたいに見えます。



ということで同じ主体でも色々な撮り方が見えてくると思います。一枚撮ってハイ終わりでは無く、じっくりその場に留まって「いや、まだこの先に何かある」と思って撮って下さいね。
ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか? (小学館文庫)ある意味、ホームレスみたいなものですが、なにか? (小学館文庫)
著者:藤井 建司
小学館(2010-11-05)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック