「県立海空高校野球部員山下たろーくん」って漫画、知ってます?「おで、史上最高の野球部員になりたいです!」というのが口癖の野球部員がいるスポ根漫画なのですが、私の記憶では一度も野球で負けて無いと思うんですよね。
「負けない野球漫画なんて面白く無いでしょ」と思うかもしれませんが、いつもギリギリで勝つので、結構ハラハラするんですよ。このギリギリ感を出すのが非常に上手なんですよね。どの試合も見入ってしまいます。

スティーブンセガールが出てくる映画とは違いますよ。「あ、今回はコックが最強なのね」とか序盤で内容が全部分かっちゃうような、そういう話は無いのです。常に全員野球で強敵を倒すまでの過程が面白いわけです。

そういう思い出のマンガって数多くありますよね。

オヤジが唯一持っていたマンガで、ちばてつや先生の「おれは鉄兵」というのがありました。基本的には剣道漫画なので、こちらもスポ根の部類ですが、気づいたら埋蔵金の発掘して崩落にあうという、不思議なストーリーです。

この漫画では主人公の上杉鉄兵のライバルである菊池というキャラが繰り出す「風車」というワザに憧れましてね。試合中に竹刀をグルグル振り回して、床にバンッと竹刀を叩きつけたと思った次の瞬間、空中で“胴”を取るというミラクルテクニックだったと記憶しています。

高校の剣道の時間、とにかくそれがしたくてタマりませんでしたね。剣道の試合の時でも「ワハハ、私には必殺風車があるのだ」とか考えてましたが、試合前に付けた“面”がクサくてそれどころではありませんでした。

当時もやしっ子全盛期だった私は、胴着を着ただけで衰えてましたからね。風車どころか、普通の面、胴、小手を繰り出すのも必死でした。

「おれは鉄平」結構面白いので、見てない方は是非どうぞ!


では本日の写真の方を。


本日も桜写真です。

世田谷に住んでいた時は、あの小沢一郎さんが住んでる家まで歩いて散歩によく行ったものです。そんな深沢周辺を歩いて撮った写真を載せておきます。


春の散歩道
春の散歩道 posted by (C)葱

あまり綺麗な川ではありませんが、クネクネした水路に桜が散っていて面白い場所でした。ただ写真に撮るのは難しいですね。



散る時
散る時 posted by (C)葱

桜の散る時って絵になりますよね。皆さんも頭の中にイメージはあると思います。ただ撮ってみるとコレが結構難しい。花びらが小さくてあまり写らないんですよ。

背景が暗い所なら目立つのでは、と思って撮ったのがこの写真です。橋などの暗い場所を背景にしています。



桜色
桜色 posted by (C)葱

橋の欄干にある模様が桜でした。背景は水路に散った桜の色。絵的に面白いものではありませんが、アイデアポイントが多少ありますよね。



好きな場所
好きな場所 posted by (C)葱

このレトロな感じの橋が好きで結構撮ってました。前ボケ部分の桜はちょっと異質な感じがしますよね。レタッチで入れたボケだからだと思います。

こういう「あれ?」と思うレタッチは基本的に失敗だと思って下さい。



映る色
映る色 posted by (C)葱

水面に映る桜なんてのも面白いですね。アイデアのポイントと、芸術のポイントが合わさると「おおー」という評価にも繋がると思います。



流れ流れて
流れ流れて posted by (C)葱

あえてモノクロにしてみました。桜は元々白い花なので、モノクロでも割と問題無いですよね。川の汚い色が出てしまう時は、モノクロという小技で切り抜けるのもまた一興であります。



宴
posted by (C)葱

こちらは深沢とは関係ない、砧公園での一コマ。桜の時期に散歩してたら、芸者風の方々が宴会してました。とにかく“誉”な光景でしたよ。



ということで、色々な桜写真があるかと思います。
昨日のようなクローズアップした桜だけの写真もあれば、少し引いた絵で周囲の風景と合わせる写真も面白いですよね。
おれは鉄兵 (1) (講談社漫画文庫)おれは鉄兵 (1) (講談社漫画文庫)
著者:ちば てつや
コミックス(2001-06)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック