私は元々は料理をしない人だったのですが、結婚してからするようになりました。あ、煎餅食べながらコタツに入ってテレビ見てる嫁様が「アンタ早くメシ作りなさいよ!」とか、決してそんな家庭じゃないですからね。
単に何でもやってみたくなるのが今の30代の特徴じゃないでしょうか。大学入るのに技能試験とかあった世代ですからね。
で、色々やってみて分かったのが、大抵の料理は「醤油、酒、みりん」と必要があれば「ダシ」で全て解決するって事ですね。

どうですか、もう料理について何か悟ってる感じしませんか。“シェフ”って呼んで頂いても結構ですよ。「おーいシェフ!あんぱん買ってこい!」とかそういうのじゃないですからね。あだ名じゃないんですから。

ただ未だに苦手なのが包丁です。

「左手は猫の手のように丸めて使う」


これが全く理解できない。だって左手丸めたら、野菜固定できないでしょ。なんすか一般のご家庭には、まな板の上に野菜が縛り付けてあるんですか?「やめろショッカー!」的な感じで貼り付いてるんですか?

「ハハハ、こうするんだよ」なんて実演して貰っても、頭で理解できない事は動作も伴いません。左手がかぎ爪のような状態で、「少しずつズラしながら包丁のガイドの役目をするんだよ」だなんて、言ってる事は分かりますよ。私だってバカじゃない。言われた事の理解はできますよ。

でもやってみると包丁がガイドを切り裂きそうになる。

とんだ裏切りですよ。「ガイドだよ」って言ってるのに、右手はガイドとなってる左手をやっつけようとする。私はこれを“右手と左手の戦争”と表現したい。今適当に思いついただけですが学会に提唱したい。右手と左手でジャンケンして、「右手が勝ったら仕事に行こう」とかこれくらいの衝撃あると思うんですよ。


まあそんなわけで、猫の手にせずとも、私は指を切る事なく包丁を使えてますので、そういう方法もアリなんじゃないでしょうか。


ということで写真の方を。


浅葱くんが2009年の8月に生まれて、初めてのお正月の時に撮った写真を載せておきます。


ラブシーン
ラブシーン posted by (C)葱

うーん、これはヒドい。浅葱くんが大きくなったら何か言われちゃうかもしれないですね。「ボクばっかりブサイクな顔を写して!」とか言われちゃったら「お父さんは何もしないでもブサイクだから安心しろ」って言ってあげたいですね。



おにぎり君
おにぎり君 posted by (C)葱

魚眼レンズの効果ですからね。



我慢
我慢 posted by (C)葱

こちらが優秀作品賞に輝いて、雑誌にデカデカと載ってしまった写真です。無く寸前の浅葱くんはマンガのような顔をしますね。

あと怒られた時に悔しくて orz って格好もよくしてました。最近しなくなりましたが、コレって本能なんですかね。



ということで、大人はこんなに顔をアップにして撮れないですからね。赤ちゃんの綺麗な肌でしか出来ないと思います。是非赤ちゃんが近くにおられる方は撮ってみて下さいませ。
子ども写真の撮り方手帖子ども写真の撮り方手帖
著者:川野 恭子
毎日コミュニケーションズ(2010-11-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック