[再掲について] 三ノ宮って所は地下が栄えておりまして、「さんちか」なんて名前が付いてます。私もたまに歩いたりするのですが、この前歩いていた時はチビりそうになりました。

オッサンがすれ違い様に私の目の前に小さな紙を突きつけて「ミドリ!」って叫んだんです。「は?」ってなりますよね。100人いれば100人が「は?」って思いますよ。私も多聞に漏れず呆気にとられていたのですが、そのまま満足そうに去っていくオッサンに敗北感が漂いました。
しかし「困った人がいたもんだ」と思ってしまっては普通です。私くらいになると反省するんですよ。

多分これは関西からの洗礼なんですよ。「オマエみたいなエセ関西人は、この攻撃で一撃やで!」みたいなそんな感じですよ。私は試されたのです。そう考えるとこれは対処方法を考えなければいけません。

ここはやっぱり「ミドリ!」って言われたのですから即座に「ミドリムシ!」とか「ミドリ電化!」といったような対応が必要だったのかもしれません。


これはもはやポケモンで言うバトルですよ。


そう、皆さん勘違いしているかもしれませんが「さんちか」というのはセレブな奥様がショッピングする場所のようで、その実、もっと殺伐とした問答という名のバトルが繰り広げられる空間なんです。

「ミドリ!」そんな突然の合図からバトルがスタートです。

一瞬の沈黙の後、「ミドリムシ!」この一言。突発的な対処力にオッサンは「こいつ結構やるで…(汗)」と思い戦々恐々とした中でバトルは継続ですよ。「カナダドライ!」「ドクターペッパー!」などと発展していくと、自然と周囲には人だかりが。


人だかり「ワーワー!」

オッサン「シュオッチ!」

私「ルービックキューブ!」

オッサン「フラワーロック!」

私「ブタミントン!」

オッサン「ミニ四駆!」

私「マブチの水中モーター!」


人だかり「おおー!」

オッサン「…負けました」


きっとこんな感じですよ。神戸の人はこうやって精神を鍛えてるんだと思います。皆さんも是非三ノ宮に来た時には試してみて下さいね。「おまわりさん、この人です!」とか言われないように気を付けて下さい。


じゃ、写真の方を。

黄色い地球
黄色い地球 posted by (C)葱

“何でも前ボケ入れりゃ面白くなると思ったら大間違いだ”の図と言えるでしょうね。主体が分かりにくいのであまり面白くなってません。ご注意下さい。



可憐な花と波平
可憐な花と波平 posted by (C)葱

この手前のボケが流線型で好きなんですよ。
確か別の植物の茎があったと思います。掛け軸みたいな感じで好きなんですけど、上の方の空間が寂しいのが失敗ポイントでしょうね。



柔らかな日射しの中で
柔らかな日射しの中で posted by (C)葱

昆虫にチャレンジする際、必ず通るのがチョウチョですよね。飛んでる時は結構動きますが、留まっている時は撮りやすいと思います。色々なアングルから攻めてみて下さい。



トンボの見る世界
トンボの見る世界 posted by (C)葱

トンボなんかも止まっている時は撮りやすいですね。トンボの目は複眼ですので、こういう玉ボケなんかが合うかもしれません。



不思議な光景
不思議な光景 posted by (C)葱

二線ボケなんかも併用すると、これがまた面白い世界になりますよね。もしかしたらトンボの複眼ではこんな感じに見えるのかもしれないとか、一枚の絵で妄想が膨らませられたら成功だと思います。



つぶらな瞳
つぶらな瞳 posted by (C)葱

ブルーアイですよね。トンボってのは不思議です。



黄色いラッピング
黄色いラッピング posted by (C)葱

花の前ボケを通しての花撮影。一見面白いのですが、やっぱり前ボケが大きすぎて主体が見えにくいのが欠点ですね。もっと分かりやすくした方が良いでしょう。



桃色の中で
桃色の中で posted by (C)葱

こちらは花をマクロ撮影したもの。なんだか分からないのですが、色合いが綺麗なので「ナンダコレ」ってなったら成功ですかね。ただちょっと主体が主体らしくないので、イマイチだと思います。



ということで、色々な花や昆虫は、撮れば撮るだけ面白い絵が待っていると思います。前ボケを使って昆虫と撮るとか、色々な組み合わせも生まれてくると思いますので、とにかく撮りまくって下さいませ。
Canon EFレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM マクロレンズCanon EFレンズ EF100mm F2.8L マクロ IS USM マクロレンズ
キヤノン(2009-10-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック