[再掲について] ここで皆さんに何の役にも立たない、こっち側のお話をします。
2006年1月頃にこのブログを始めて6年が経ちました。そんな葱ブロも100万ページビューとなりました。ありがとうございます。まあページビューなんで、そんな大したことはありませんが。

まあそんな事よりも聞いて下さいよ。

私は日本酒が大好きで、晩酌は必ず日本酒なのですが、今までは新潟の「久保田」を好んで買っておりました。が、先日ネットでこんな書き込みを見たんですよ。
「カワウソまつり、みたいな名前のお酒がウマい」

で、調べたら「獺祭(だっさい)」というお酒が山口県にあるらしいです。日本酒飲んでいると「山田錦」という米の名は有名ですが、その米で大吟醸のみを造っているらしいです。

その大吟醸だけでも3種類ありまして「磨き二割三分」「磨き三割九分」「50」というのがあるらしいです。調べても“遠心分離器を使ったお酒”とか「まあ普通とは違うんだろうな」ってのは分かるのですが、イマイチ違いがよく分かりません。
面倒なので「はらたいらさんに全部」って感じで、右の写真にある飲み比べセットを楽天で買ってみました。

久保田も千寿と万寿で雲泥の差があるように、「磨き二割三分」は香りが抜群に良かったです。ただやはりお値段は張ります。

松竹梅で言えば竹コースの「磨き三割九分」については、確かに梅コースより良く、松コースには劣るといった当たり前の感想です。でも目隠しされたら多分私には松と竹の区別はつかないかもしれません。

久保田でも竹コースの「碧寿(へきじゅ)」は口にしたことが無いので、竹コースは考えない事にしましょう。

一杯の日本酒だけで満足できる方には、こういう香りの高い日本酒はオススメです。日本酒で締める一日というのも趣があって良いものですよ。是非どうぞ。



ということで写真です。
特にまとまったジャンルでは無く、雑多な写真を載せてみます。

風ニモマケズ
風ニモマケズ posted by (C)葱

こういう妙な形したのは面白みが出やすいですね。背景とピッタリ合わせれば、何か写真に流れが出てきます。面白いですね。



閉じこめられた向日葵
閉じこめられた向日葵 posted by (C)葱

この辺はよくやりますが、天然な状態で綺麗に見えるものを見つけるのって難しいですね。水滴がレンズになりますので、水滴の大きさ、水滴に写る花の距離などが関係しますからね。勿論、マクロレンズとの距離もありますので、前後に動きながら探さないといけません。



小さな世界
小さな世界 posted by (C)葱

水滴に映った空がちょっと邪魔ですよね。やっぱり天然の状態で見つけるのは難しいと思います。できれば自宅のプラントを使って、霧吹きなどで水滴を付けた上で最適な距離を作った方が良いと思います。



厳かに佇む
厳かに佇む posted by (C)葱

こういうの好きなんですよね。ちょっと男性的な写真ですよね。
見た感じ、おそらく魚眼レンズで撮ったのかと思いますが、ちょっと思い出せません。場所は自由が丘だったと思います。



緑の小島
緑の小島 posted by (C)葱

これは多摩川という駅の近くにある公園ですね。花はほとんど無いのですが、そこにはアナタしか撮れない風景があります。お、ちょっとカッコイイ事言ったぞ。



夏の楓
夏の楓 posted by (C)葱

緑の楓もいいですよね。見つけると撮っちゃいます。でもだいたいこの頃の楓は背景と同化してしまうので、難しいんですよ。なるべく白黒付けようと、枝を背景に置いてますが、イマイチ目立たないですよね。



星々の出会い
星々の出会い posted by (C)葱

こちらは若干ソフトフォーカス風に。同じように白黒付けようと背景に空を配置しています。



宝来公園
宝来公園 posted by (C)葱

この宝来公園は、かの有名な田園調布三丁目にある公園です。周辺は富豪のお家ばかりです。空いてる土地を見つけては「よし、ここを買おう」って心の中で言ってました。多分、固定資産税も払えません。



オニユリ
オニユリ posted by (C)葱

オニユリって名前がゴツいので、フワフワした感じで撮りたくなってしまう花です。



まあそんなわけで、雑多な写真でしたが、100万ページビューありがとうございました!引き続き頑張ってみます!
ホームページのアクセス数を確実にアップさせる112のコツ―誰も来ないホームページじゃつまらない!ホームページのアクセス数を確実にアップさせる112のコツ―誰も来ないホームページじゃつまらない!
著者:岡崎 久美
エムディエヌコーポレーション(2003-09)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック