[再掲について] この前散髪に行ったのですが、案の定「もみあげどうしますか?」って聞かれましたよ。「じゃルパンで」って自分で書いたのを思い出してしまい、吹きそうになってしまいました。
今行ってる理髪店は、私好みの“場末の理髪店”って感じがプンプンするのですが、店の雰囲気は今まで経験した中で最悪です。
おそらくお母さんとその娘がメインでやってると思うのですが、その仲が非常に悪く、店の雰囲気が暗くて仕方ありません。

娘らしき人が理髪・洗髪を行い、お母さんらしき人が剃りを担当しているのですが、その交代時にいちいちギスギスしていて、なぜかコチラが見てみないフリをしないといけなくなるのが恒例です。

ちなみにそんな感じで交代するので、“剃り”は異様に速くて雑です。過去に例を見ない早さで「マジでそんなんでいいの!?」とか思うくらいの職人技(?)です。その後帰って鏡見たら、眉が高校生が剃るみたいに若干イキってて、ショックでした。

今まで3回行ったのですが、1回目はヤンキーの子供みたいに襟足を少し残してカットされたのもショックでした。

何も言わないと、どんどんヤンキーみたいにされるのが世紀末理髪店だと思います。そのうちカット中に「トゲの付いたメリケンサックいかがですか」とか言われちゃうかもしれません。「いい毒霧が入りましたよ。最新のニガく無いヤツだよ。」とか言われたら逆に通っちゃいそうですね。


まあそんな感じなので、自宅から近くて良かったのですが次回からは別のお店にしようと思います。残念!


ということで写真の方を。

そろそろアジサイの季節ですね!って全然違いますけど。
この頃は、ちょうどEOS 40Dが故障した2009年の5月頃ですかね。故障から戻ってきた40Dを手に、アジサイを撮りまくった記憶があります。


犬の足跡
犬の足跡 posted by (C)葱

アジサイを見ると必ずスヌーピーの足跡みたいな形を探してしまいます。ありそうでなかなか見つからないんですよね。



花の力
花の力 posted by (C)葱

紫陽花を何枚も撮ってると、必ず花びら(正しくはガク)一枚だけで撮ってみたくなりますね。



ブーケ
ブーケ posted by (C)葱

普通に撮っただけですが、ソフトフォーカス風加工を入れると幻想的ですよね。まあ邪道ですが。



ライブ会場
ライブ会場 posted by (C)葱

コレ割と好きなんですけどね。ガクアジサイのシベの部分をマクロで撮った写真です。わざとどこにもピントを合わせてません。ライブ会場で熱気に包まれた感じを出してみたのですが、あまり誰からも評価されませんw



雨色の花
雨色の花 posted by (C)葱

マクロ写真の醍醐味ってこういう所ですよね。色合いと少しの形だけで「ひょっとして紫陽花?」って分かる所が面白いと思います。



背比べ
背比べ posted by (C)葱

ガクアジサイなんかはこういう撮り方もアリだと思います。花の撮影と一緒で、お花畑になっているような場所では“飛び出た一本”を主体にするのがセオリーです。そこと背景を少し合わせれば、簡単に印象的な写真が撮れると思います。



ということで、紫陽花の季節が来たら参考にしてみてください。マクロでも望遠でも面白い紫陽花写真が撮れると思いますので、是非トライしてみてください。
テーブルガーデンシリーズ 1/12 アジサイテーブルガーデンシリーズ 1/12 アジサイ
和巧
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック