さて“写真ブログで写真を撮らない”という勇気をまざまざと見せつける当ブログですが、本来1月2月は花も少なく、そして寒いので撮りに行かないのが恒例でしたので、あまり気にしておりません。皆さんも気にしないで下さい。

じゃ何をしているのかと申しますと、主に浅葱くんと喋り続けるのが日課となっております。色々喋って気づくのは、“こっちが意図した単語は、ほぼ覚えてくれない”って事ですね。しかし気に入った単語は急に覚える。
未だに不思議なのが「乾杯」。嫁様が1度言っただけで、コップを持つと思い出したように「カンパイ!」って言うようになりました。歯ブラシ持った時も「カンパイ!」です。ノリのいいヤツです。
あと私が連呼してるうちに覚えてしまったのが「アウディ」と「カッコイイ」。形容詞は自分の気持ちを表現できるので、なるべく早く覚えて欲しいと思ってますが、今のところ「アツい」「かわいい」「カッコイイ」という、ゴロの良い3形容詞を覚えております。他にも「あったかい」というのも言ってますかね。


逆に覚えさせようとして全く覚えてくれないのが「いただきます」「おやすみなさい」などの挨拶。これらの挨拶は全て1つの挨拶に集約されています。



それがなぜか「いらっしゃい」。



どういうわけか「いらっしゃい」だけ覚えてしまい、食べる時も寝る時も「いらっしゃい」。
なかなか「いらっしゃい」を使う機会が無いのに、これだけ覚えてしまいました。私としては「コイツ、なかなか良いチョイスしてんな」って思うのですが、教育面から見るとあまり好ましくはありません。


あと夕ご飯を食べ終わると、だんだんハイテンションになって来まして、宇宙語が始まります。たまに私が酔っぱらった勢いで、同じく宇宙語で会話をするのですが、先日は「ジャンゴージャンゴー!」って言ってました。

なかなか印象的で、またしても「コイツやるな」と思ったので、「ジャンゴージャンゴー」だけで会話を続けてみました。最終的には音階付きで「ジャンゴー♪ジャンゴー♪」と2人でノリノリになっていたのですが、皿洗いの終わった嫁様は「この生き物たちはナニ」という表情だったのが印象的でした。


まあお子様なんてある時期になったら何でも覚えますし、遅いとは早いとかは全く気にしておりませんが、単に「早く会話したいな」という気持ちだけで色々と話しております。

「お父さんクサい」って言われるようになったら、この任務は終了です。
気になる「臭い」がみるみる消える100のコツ―ワキ、足、口の臭いから生活臭、服の臭いまですっきり気になる「臭い」がみるみる消える100のコツ―ワキ、足、口の臭いから生活臭、服の臭いまですっきり
著者:主婦の友社
主婦の友社(2010-01-29)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック