新年あけましておめでとうございます!さぁ2012年が始まってしまいましたよ。今年も書類に「2011…あ、間違えた」と頻繁に間違う季節がやって参りました。
2012ですからね。平成24年。
役所の書類なんか必ず和暦ですよね。和暦は普段使う事が少ないので毎年覚えられません。昭和の頃は「西暦から25を引けば和暦になる」なんて頻繁に使われてましたよね。平成になっても同じノリで「88を引けば」ってのをよく見かけますが、その計算、本当に簡単ですか?
逆の方がいいと思うんですよね。「西暦に12を足せば和暦」こっちの方がどう考えても楽でしょう。「2012の12に12を足して24、平成24年」これは楽です。

88引いてるのは間違いなく昭和の人です。私はヤングボウイですからね。花見屋で「若いのによくオカキ買いに来はりますね」って言われるくらいヤングですからね。オカキにキャラメルティ、新しい日本の幕開けですよ。2012年、オカキ界のエースに全てをお任せ下さい。

まあそんなわけで、淡路島の「奇跡の星の植物館」という長い名前の植物園に、クリスマス前に行ってたのを思い出しました。写真撮っておいて全くアップしてなかったので、まさかの全アップをしてみたいと思います。


写真盛りだくさんで、こりゃ年明けから縁起がいいですね。アナタ、今年はツイてますよ。

和風
和風 posted by (C)葱

温室に入ると最上階から回る事になります。まずは俯瞰で和風な所を撮影。



庭園
庭園 posted by (C)葱

温室の中に入り込む日射しと庭園。お花もいっぱいで楽しいですよ。



花束
花束 posted by (C)葱

マクロで撮影してみました。久々のマクロ撮影で、どこにどうピント合わせていいのか迷いました。やっぱり写真は頻繁にやっておかないといけませんね。



ハートの一部
ハートの一部 posted by (C)葱

私が結構トライするオオベニウチワです。ハートの葉っぱの尻みたいになってる所が魅惑のポイントですね。



桃色のオオベニウチワ
桃色のオオベニウチワ posted by (C)葱

水やりした直後でしたかね。朝早めに行くと水やり直後が見られると思います。マクロでキラキラにしながら撮ってみました。



水の落ちる場所
水の落ちる場所 posted by (C)葱

撮ってる時は「結構面白いぞ」なんて思ったのですが、ちょっとイマイチな感じですね。「もう少し何かあっただろう」そういう答えの無い問いかけを自分に行い、2012年は写真に厳しく行きたいですね。



黄色い蘭
黄色い蘭 posted by (C)葱

工夫もへったくれもありませんが、葉っぱと花がキッチリ収まってますよね。意外にこう普通の撮り方でパンフレットに載せるかのような絵というのも、難しい気がします。変にアートアートしているのは、パンフに載せる人にとっては必要ない事なのですよね。



蛙の子は蛙
蛙の子は蛙 posted by (C)葱

妙なオブジェがあったので、そのまま撮影。ニヤリとした子ガエルがちょっとポイントです。



アウトロー
アウトロー posted by (C)葱

どういう育ち方をすればこうなるのか、そう問いかけたくなるような植物です。「キミは本当にソレでいいのか」と言いたくなりますね。こういう奇抜な植物は、背景に「ドーン!」となるような葉っぱを入れる事で効果が上がるのでは、と思ってやってみました。



桃色のハート
桃色のハート posted by (C)葱

またしてもオオベニウチワ。上にあったのは、棒の根本にピントを合わせてましたが、こちらは先っぽに合わせています。まあ見せ方によってどっちでもいいわけですが、オーソドックスに行けばこの先っぽに合わせてる方が間違いは少ない気がします。



オブジェ
オブジェ posted by (C)葱

和風ゾーンにあったオブジェ。植物を上手に使ってますよね。こういう小物が欲しいですが、自宅にあると3日で枯らすと思います。



自然の色合い
自然の色合い posted by (C)葱

なんとなく可愛い植物を撮ってみました。黄色に赤ってなかなかいい色合いですよね。



吐息
吐息 posted by (C)葱

蘭を撮影してみました。背景の日射しと合わせて、何か吐きだしてるような、そんなイメージであります。



一輪
一輪 posted by (C)葱

これまた普通な蘭の花。普通に撮ってもいいじゃないですか。そういう時もあるさ。



浮かび上がる色
浮かび上がる色 posted by (C)葱

逆光でいい色合いが見えたので咄嗟に撮ってみました。背景の白い部分をもっと隠したかったのですが、これが精一杯でありました。



ということで、淡路島に行ったらこの植物園で決まりですね。温室としてはかなり大きな施設で、温室を出た先にある草原なども遊べる所が沢山ありますよ。冬場は温室だけでも充分楽しめると思います。「ちょっと淡路島行くか」なんてときは是非どうぞ。
なぜ地球が「奇跡の星」と呼ばれるか---神秘に満ちた地球の謎と不思議に迫る本 (KAWADE夢文庫)なぜ地球が「奇跡の星」と呼ばれるか---神秘に満ちた地球の謎と不思議に迫る本 (KAWADE夢文庫)
河出書房新社(2011-10-18)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック