先日NTTの光回線の開通に失敗したのですが、続報でございます。

関西圏ではNTTの光回線の他に「eo光」という別の業者が運用する光回線もあります。先日の工事失敗時、工事の人が帰り際に「これはケーオプティコム(eo光)さんも多分無理ですよ」と “誰がやっても無理なんだ。” 感を出して帰っていったのですが、そんなこと言われても今さらADSL引く気分にもならないので、すぐにeo光の申し込みしたんです。
そもそも何でeo光じゃなくNTTのフレッツ光を選んだかと言いますと、eo光の方は“今まで使っていたプロバイダを使えない”というデメリットがあるのです。


NTTフレッツ光 … 各種プロバイダに対応
eo光 … eo光専用プロバイダのみ


もう10年以上使ってるプロバイダがありますので、これはキープしておきたいわけです。そこで優先順位は常にNTTになるわけなのです。

しかしeo光の申し込みをした後日、NTT西日本の営業さんから電話があり


「資料調べたらそのマンション、他の階では電柱から直接引いてました。」


みたいな報告が。「今それ言うか!」みたいに思うじゃないですか。「eo光の申し込みしたばっかりなのに!」みたいに思うじゃないですか。
回答に苦慮して、それをそのまま言ってみたら



「…あ、じゃ工事されないって事で」



みたいなアッサリした事言われてしまいました。



「いや、いやいや、もっとガツガツ来いよ!『そこまで言うなら仕方ないなぁ』って思わせてくれよ!」



とか思うじゃないですか。ここはさすがに天下のNTT様ですよ。“KD○Iのしつこい電話勧誘を見習え”と言いたいくらいです。いやあの勧誘電話は鬱陶しいので見習って欲しくないですけど。


とりあえず「eo光」の方をキャンセルしないと話が進められないので、


「キャンセルできるかどうか問い合わせますので、結果が出る2日後にお電話下さい」


と言って、電話切った後にeo光側のコールセンター調べて電話して「個人的事情でキャンセルで。ゴメンチョ」ってキャンセルしたんです。まだ工事の予約すらしてなかったので、あっさりとキャンセルできたわけです。


そして安心して「あとはNTTからの電話を待つだけだ」と思ったその瞬間、再度NTTから電話がありまして


「先程の件、コチラで調べてみた所、特殊な工事になりますので、どれだけ早くても1ヶ月以上かかってしまいます」


ガーン!ですよ。アメリカのアニメだったら目が飛び出してのガーンですよ。
入れ違いとはまさにこのことです。すれ違いの純情ですよ。


「もうeo光、キャンセルしちゃったんですけど…また1ヶ月光使えないんスか…」


って絶望感丸出しで言ってみた所、その営業さんも責任感じてくれたのか、超スピードで工事を手配してくれました。
昨日工事が終わったばかりなのですが、外の電柱から引き込んで、エアコンのダクトから光ファイバー取り入れての、普通とは違う工事になりました。大人3人が来て3時間作業したのですから、工事する人は「面倒クセーな」って思ったでしょうね。



ということで1週間遅れで光回線が我が家に来ました。速度はNTTのオフィシャルサイトで計ると200Mbps出てました。一般のサイトでも30Mbps〜100Mbps出てます。これでゲキ遅のWiMAXともおさらばです。


そして写真よ、コンニチハ。

アップロードも速くできそうなので、写真もボチボチ始めて行こうかと思います。

ちなみに近くに花が無さそうなので「布引ハーブ園」の年間パスもゲットしました。ロープウェイで山頂まで行けるんですよ。1年間はロープウェイも乗り放題です。

また何か撮ったらアップします!
できるADSL―フレッツ・ADSL対応 (できるシリーズ)できるADSL―フレッツ・ADSL対応 (できるシリーズ)
インプレス(2002-04)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック