暑いですからね。多少納涼気味にタイトルを付けた方が良いかと思ってやってみました。
まあ毎回新幹線ネタで申し訳無いです。

私が「のぞみ」やら「さくら」やらの新幹線を予約する時って必ず窓側なんですよ。そりゃ勿論「わー!富士山だー!」とか「海ーッ!海だ海だー!」ってやりたいのもありますよ。でもそれ以上に窓側にこだわる理由はコレです!

「寝てしまった時、万一ヨダレが垂れてもバレにくいから」(ババーン!)
いや違います。いや半分合ってますけど、やっぱり違います。

「電源が使えるから」

コレですね。500系や700系では先頭(または最後部)のシートしか利用できなかったのですが、N700系になってから全ての窓側座席の下に付いてます。

新幹線で電話使ってるウチに、電源ゲージが2つになると怖くなっちゃいますからね。やっぱり電源は必須です。

ですので、新幹線に乗り込むとまず電源に充電器を差し込んで携帯なんかの充電をするのがお決まりです。


そんなわけで先日も早朝の新幹線に乗り込んで、携帯を充電したまま音楽聞いて寝ていたんです。

名古屋でスーツ姿の女性が隣に座ったのですが、静岡辺りでしたかね、足をさすって寝ている私を起こすんですよ。起こされた方はたまったもんじゃないですけどね、何か話してるので聞いてみたんですよ。そしたらその女性「電源使わせて下さい」ってコンセント片手に差す気マンマンで私の足下見てるんですよ。

まあ空いてたら「どうぞ」ってなもんですが、あいにく使っていたので「スミマセン使ってますよ」と言ったら、大きな旅行カバンをゴソゴソしだすんですよ。

何すんのかなーって見てたら「持ってます(ビシッ!)」と電源タップ片手に言うんですよ。


「デタ━━(゚Д゚)━( ゚Д)━(  ゚)━(  )━(  )━(゚  )━(Д゚ )━(゚Д゚)━━ !!!!!」


実は会社の営業さんからも聞いていたのですが、通路側に座る人で電源使う為に電源タップを持ち歩いてる人がいるという噂を聞いてたんですよ。「ハッハッハ、マジっすか。あり得ないッスね。」とか言ってたのですが、直撃しました。


用意周到というか、立派なビジネスマン(ウーマンですが)と言いますか、凄いですね。まあ電源は“窓側の人のモノ”ってわけじゃないのでいいのですが、朝一番の新幹線(朝は3時半起き)なので、もう少し寝たかった。ただ、それだけが言いたかったのです。
「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)「朝がつらい」がなくなる本―ぐっすり眠る、すっきり起きる習慣術。 (知的生きかた文庫)
著者:梶村 尚史
三笠書房(2007-05-21)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック