追記!:以下のリンク先の記事に金額を含めた内容を載せました。
新神戸から東京に行く時は、西明石からの切符を買った方がお得!

まあ写真は無いんですけどね、聞いて下さいよ。
この時期出張すると、新幹線の中は動物園ですよ。「おお、そういえば夏休みシーズンか」なんて季節を感じたりするのですよ。
背後の座席でテーブルをバタンバタンされても、突然大きな声で発狂されても平気ですよ。こんな事でキレたりしないですよ。サカナ食べてますからね。

でもJRの乗車券買う時に券売機に拒否されたら、私もキレちゃいますよ。
いやね、往復割引知ってます?JRのルールで片道601営業キロ以上あると、片道分の金額から1割引なんですよ。

例えば私の使っている「新神戸〜東京」の営業キロ数はというと「589.5km」。惜しい!往復割引き対象外なんですよ。金額は往復で18,060円かかるわけです。

では少し長めに「西明石〜東京」にすると、営業キロ数は「612.3km」。片道9,350円の1割引ずつで、合計は16,830円。ババーン!1,230円安い!

「なんだよー、こういう面倒な裏技作るんじゃ無いよー」

なんて思いながらもこっち買いたくなるじゃないですか。で、朝一の新神戸の券売機で買おうとしたらですよ


「しばらくおまちください」

「しばらくおまちください」

「係員におたずねください」


ですって!失礼しちゃうわまったく!


2台で試しましたがダメでした。
「しばらくおまちください」が2回出る辺り、特別な制限を設けてる感じがしました。まあ確かに“新神戸で西明石からの本日分乗車券を買う”ってのは確かにあからさまではあります。

ちなみに悪い事では無いんですよ。JRもこういう割引制度を使う事自体「お客様が勉強されて制度をうまく使う分には問題ありません」とか言うので、後ろめたい事は無いのですが、券売機で買えないとなんか面倒になってきますよね。


「ムハハ、JRめ、やりおるな(海原雄山風)」とか思った次第です。


“少しでもつまづいたらとっとと諦める”というのがモットーですので、この日は普通に支払いました。そんな出張の日々であります。

2012年05月30日追記:本件は既に解決しておりまして、新神戸の券売機でも「西明石→東京(新幹線区間も西明石→東京)」で購入すれば問題無く買えます。
JR時刻表 2011年 08月号 [雑誌]JR時刻表 2011年 08月号 [雑誌]
交通新聞社(2011-07-20)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック