世の中にはですね、ややこしい事が多いのですよ。
例えば北海道にある「北広島駅」。これはややこしい。新千歳空港から札幌駅に向かう車内で必ず耳にするのが「次は北広島」のアナウンス。「あれ!?北海道に来てたのに広島に来ちゃった!?」って焦るのですよ。同じ路線でややこしいのが「新札幌」。札幌駅の手前にあるので間違えて降りちゃいそうになることがあります。なので、まずあの路線では寝てられないですよ。ウトウトしてたら「あれ!?広島!?」ってなったり、「なんか小さい札幌駅に降りちゃった!?」とかなりますからね。危険です。
しかしまだあるんですよ。ややこしい駅が。

鹿児島県の「せんだい駅」。これはややこしい。九州新幹線の「さくら」に乗って鹿児島に行こうとすると「次はせんだい駅」ってアナウンスがあるのですよ。「じ、自分は一体どこに向かっているのか…」と自問自答する事間違いなしですよ。

ちなみに字は「川内」と書いて「せんだい」らしいです。

まあ世の中にはややこしい事が多いですね。


そういえばタクシーでもややこしいのが、「空車」と「貸切」が赤い文字ってのもありました。

先日福岡県の久留米に行きましてね。暑い日でした。久留米駅から車で20分くらいの、徒歩では絶対に行けないような場所に行ったんですよ。
でも行ったら帰らないといけないじゃないですか。タクシー呼ぶとまた駅前から20分かけて来るので、流してるタクシーを拾おうと大通りでセクシーに車を待っていたわけですよ。まあセクシーじゃなかったですけど。

まず大通りに出る為に向かっていたその時、目の前を通り過ぎたタクシーがありまして、これはタイミング的に無理でした。

次に見つけたタクシーは追い越し車線を走っていました。止めようと手を上げた瞬間、目の前に大きなトラックが来まして、荷台で完全に私の姿が隠れてしまいアウト。そのタイミングはドリフみたいでしたよ。リアル「ダメだこりゃ」ですよ。

それからしばらく来なくなって、やっと見つけたタクシー。赤い文字も見えますから「やっと来た!」と思って大きく手を上げたら、運ちゃんが「バイバイ」ってしてスルーして行きました。「すわ、乗車拒否か」と思ってよく見たら“貸切”って赤い文字で書いてあったんですよ。

ややこしい。実にややこしい。

タクシーは全国統一で強烈なLED付けて「全面青色なら空車」「しかし赤なら無理」とか単純にして欲しいですね。「貸切」とか「回送」とかどうせ乗れないのですから客にとっては同じだと思います。



とまあ、全国のタクシー業界に一石投じた所で、若干更新が遅れ気味の写真無し記事第二弾は終わりです。
ちょっとプライベートが忙しいのですよ。来週まで色々ありますので、更新は怠り気味になると思います。アディオス!
「忙しい」という人ほど、実はヒマである理由~よけいなモノや考えはあなたの人生から幸福を奪う~「忙しい」という人ほど、実はヒマである理由~よけいなモノや考えはあなたの人生から幸福を奪う~
著者:あらかわ 菜美
WAVE出版(2010-02-23)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

mixiチェック